メインコンテンツまでスキップ
Gainsight Japanese Localization

スコアカードスナップショットの仕組み

重要 - 画像/情報は四半期ごとのリリースで更新されます!

四半期ごとのリリースにて、最新の機能・情報を反映し、画像を含めた情報は更新されます。

 

スコアカードスナップショットは、すべてのスコアカードおよび測定の履歴スコアを保管するためのリポジトリです。このデータを使って、特定の企業に対しての過去のスコア、特定の期間中の全企業の過去のスコアなどを簡単にレポートすることができます。すべてのアカウントスコアカードスナップショットのデータは、アカウントスコアカード履歴オブジェクトに保管されます。同様に、リレーションシップスコアカードについては、リレーションシップスコアカード履歴オブジェクトに保管されます。スナップショットのデータを使用して、履歴スコアをレポートできます。[スナップショット日付] および [時間単位] フィールドを使用して、レポートを作成できます。

スコアカードのスナップショットを有効化する

スコアカードのスナップショットは、デフォルトで有効化されています。Gainsightでは、これを無効にしないことを推奨しています。ただし、無効にしても、もう一度有効化できます。スコアカードのスナップショットを有効化するには:

  1. [管理] > [スコアカード] に移動します。
  2. [スコアカード] タブをクリックします。
  3. [スキームの設定] 歯車アイコンをクリックします。
  4. [スナップショットを有効化] チェックボックスを選択します。

image_1.jpg

スコアカードスナップショットの役割

有効化すると、スコアカードスナップショットにより、スコアの取得が開始されます。スコアカードスナップショットは、週次および月次という2つの頻度でスコアを取得します。特定の週の最終スコアはその週の最後に、特定の月の最終スコアはその月の最後に保管されます。スナップショットは、スケジューラの実行時に更新されます。スケジューラーは、毎日11.30 pm(UTC)に実行されます。

  1. たとえば、2018年4月16日(月)にスナップショットを有効にした場合について考えてみましょう。月曜日が週の開始、日曜日が週の終了とみなされます。
  2. 2018年4月16日(月)に、スナップショットに2018年4月16日~22日(月~日)までの1週間のエントリーが作成されます。
  3. 最初のスコアは、2018年4月16日(月)23時30分にスケジューラーが実行されたときにスナップショットに記録されています。スコアは、スコアカードファクトオブジェクトの [現在のスコア] フィールドから取得され、現在の週のスコアとみなされます。
  4. スコアカードスケジューラーを2018年4月17日(火)11.30pm UTCに実行すると、スナップショットの以前スコアが、スコアカードファクトオブジェクトから取得され、最新のスコアに置き換えられます。これが現在の週のスコアになります。
  5. もう一度、2018年4月18日(水)11.30pm UTCにスケジューラが実行されると、最新のスコアがスコアカードファクトオブジェクトから取得され、現在の週のスコアとして更新されます。 
  6. ステップC、D、Eは、週の終わり(2018年4月22日(日))まで繰り返されます。
  7. スナップショットでは、その週の終わりとなる2018年4月22日(日)に、11.30 pm UTCの時点で存在するファクトオブジェクトからスコアを記録します。このスコアは、2018年4月16日~22日の週の最終スコアとみなされます。このスコアは、スナップショット日付2018年4月18日(日)に対して記録されています。
  8. 2018年4月23日(月)に、もう一度、ステップA~Gが繰り返されます。この週の最終スコアは、2018年4月29日(日)11.59pm UTCに記録されます。このスコアは、スナップショット日付2018年4月29日に対して記録されています。同様に、月次スナップショットも同じパターンに基づいて記録されています。

スコアカードの履歴オブジェクトでは、下記の画像に示すフィールドを使用してレポートを作成し、スナップショットデータを表示できます。

image_2.jpg

  • この記事は役に立ちましたか?