メインコンテンツまでスキップ
Gainsight Japanese Localization

メールサービスの設定

重要 - 画像/情報は四半期ごとのリリースで更新されます!

四半期ごとのリリースにて、最新の機能・情報を反映し、画像を含めた情報は更新されます。

 

ドメインを許可します

許可する理由

  1. "Sent via Gainsightapp.com "タグを削除します。
  2. 迷惑メールフォルダーではなく、受信トレイへのメール配信の可能性を高めます。
  3. DMARCの設定をオンにしている場合、Gainsightメールインフラストラクチャを使用したメール送信を許可しなければなりません。
  4. SPF設定の最後に「-all」オプションがある場合、Gainsightのメールインフラストラクチャを利用するためには、許可が必須です。

許可とは?

許可とは、SendGrid (GainsightのESP) があなたに代わってメールを送信する権限を得ているISPを表示する機能です。この許可は、あなたのドメインレジストラからSendGridに、きわめて明確なDNSエントリーを指す行為によって付与されます。これらのDNSエントリーが入力され、伝搬された後は、受信者のメールサーバーやサービスは、あなたが送信したメールのヘッダーを読み取り、DNSレコードをチェックして、そのメールが信頼できる送信元から送信されたものかどうかを検証します。これにより、あなたのメール配信能力が飛躍的に向上し、あなたはドメインとIPアドレスの送信者レピュテーションをの構築を開始することができます。

許可のタイプ

  • ドメイン許可このタイプでは、受信側のメールサーバーやサービスが、メール送信者のIDを、送信者が管理するドメインまで戻って検証することができます。これによって、メール認証のレイヤーが提供され、メール配信の助けになることができます。ドメイン許可だけでは、あなたはまだIPアドレスのレピュテーションの対象になったままです。
  • メールリンクの許可: メールにリンクまたは画像を掲載して、クリックトラッキングまたはオープントラッキングをオンにした場合、クリックトラッキングのリンクと画像はあなたのドメインを指すことになります。これによって、受信側のメールサーバーは、あなたがリンクの裏側に何も隠そうとしていないこと、およびあなたがメールのコンテンツを管理していることを把握できます。一部の悪質なアクターは、第三者リンクの短縮サービスを利用して、メールコンテンツに記載するドメインを入力し、それらのリンクに自分のドメインを含めません。このような実践行為は、スパムフィルターの危険信号になります。

許可までのステップ

Gainsightをインストールし、MDAを有効にした後は、Gainsightサポートに連絡すると、あなたのDNSを設定してくれます。サポートチケットの入力に関する詳細情報については、Gainsightサポートチケットの申し込み方法 (近日公開予定) の記事をご参照ください。

これらのDNS設定を生成するために、サポートチームは以下のことを理解しておく必要があります。

  • どのような送信ドメインの使用をご希望ですか?
  • Gainsight NXTの本番インスタンスのテナントIDは何ですか?テナントIDは、管理 > アプリケーション設定においてご確認いただけます。

これらの情報を収集した後、サポートチームは下記の例に類似したCNAMEレコードの形で、ドメインと電子メールの許可リストを作成します。

Image 1.jpg

ITチームの助けを借りて、これらの設定をDNSに入力し、確認のためにサポート担当者にお問い合わせください。この確認がなされた後は、当社チームはこれらの値を解決するために検証テストを実行します。これが問題なく完了した場合、他のステップは必要ありません。ただし、問題が発生した場合は、あなたのITチームと連携してさらに調査を実施します。

レピュテーションスコアの計算

レピュテーションスコアの計算は、送信したメールの総数に対するスパムレポート数およびバウンス数をベースにして自動的に実行されます。Gainsightのメールサービスは、これを最適なレベルで維持するよう、次のように設定されています。

  1. バウンスはGainsightが管理するマスター拒否リストに追加され、今後そのアドレスにメールが送られることがないようにしています。
  2. スパム報告は自動的に配信停止リストに追加されます。

Gainsightの顧客によく見られる通常の行動は、コンタクトリストが最初は汚れていることが多いので、低いスコアからスタートしますが、数回のアウトリーチで改善されていくということです。受信者は顧客であり、見込み客ではありませんので、Gainsightにとって問題は最小にとどまります。Gainsight顧客の平均レピュテーション評価は98/100です。

メール配信に関する推奨事項やベストプラクティスについては、Sendgridが発行するガイドがお勧めです。

FAQ

SendGrid自動化されたセキュリティの利用は、SPFDNSルックアップを使用しますか?

いいえ、SPFはSendGridによって管理されています。

サブドメインの使用は、Gainsightからのメール送信にどのような影響を与えますか?

メールは、サブドメインで署名されます。ベースドメインからの送信の場合、envelope-fromはサブドメインを使用しおり、header-fromとreply-toは、そのように設定されていれば、ベースドメインになります。

CNAMESにカスタムDKIMセレクタを使用することはできますか?

はい、できます。SendGridではS1,S2がデフォルトですが、私たちはgs,gs2を使用しています。最大3文字のカスタムDKIMセレクタをリクエストできます。

サブドメインは許可されますか?

はい、されます。

  • この記事は役に立ちましたか?