メインコンテンツまでスキップ
Gainsight Japanese Localization

GainsightマネージドS3バケットのアクセスキーをリセットする方法

この記事では、管理者がGainsight S3マネージドバケットのアクセスキーをリセットする方法について説明します。

アクセスキー更新

Amazon S3 バケットは CSV/TSV データファイルの保存に使用されるデータベースです。Gainsight組織からS3バケットへの接続が確立されると、ルールエンジン、データデザイナー、採用エクスプローラーを使用して、これらのファイルからGainsightオブジェクトにデータを取得できます。

Gainsightでは、セキュリティリスクを回避するために、180日ごとにアクセスキーを更新することを推奨しています。

アクセスキーを更新するには、

  1. 管理 > コネクタに移動します。
  2. S3設定の表示をクリックします。S3設定ページが表示されます。

1.jpg

  1. アクセスキーの横にあるリセットアイコンをクリックします。アクセスキーリセットのダイアログが表示されます。
  2. 続行をクリックして、リセットします。

2.jpg

重要:クレデンシャルをリセットした後は、このバケットにデータをプッシュするか、バケットから新しいクレデンシャルを読み込むすべてのサードパーティシステムを更新する必要があります。

S3から読み込むすべてのルールとコネクタをチェックする方法に関する詳細情報については、S3から読み込むルールとコネクタジョブを特定の記事を参照してください。

注意:ルールにおいて設定されたファイル名をベースに、ソースシステムを識別できます。データフローが中断されないように、S3にデータをドロップするソースシステム (ルールによって識別される) が新しいキーで更新されることを確認ししてください。

  • この記事は役に立ちましたか?