メインコンテンツまでスキップ
Gainsight Japanese Localization

Gainsightオブジェクト用語集

重要 - 画像/情報は四半期ごとのリリースで更新されます!

四半期ごとのリリースにて、最新の機能・情報を反映し、画像を含めた情報は更新されます。

 

概要 

顧客データはさまざまなGainsightオブジェクトに保存されます。 これらの各オブジェクトは、顧客データを保存するためにGainsightによって出荷された標準フィールドを含くんでいます。 更に、管理者はカスタム フィールドを追加し、カスタムフィールドのスキーマを更新することができます。

以下は、その中でGainsightオブジェクトが使用されるモジュールの一部です。

Gainsight 標準オブジェクト 

これらのスタンダードオブジェクトは、会社やユーザー情報などの重要な顧客データを Gainsightに保存します。 これにより、ユーザーGainsightアプリケーションの他の機能のアクションを標準オブジェクト上でアプリケーション直接実行できます。

会社

このオブジェクトはスコアカード調査、及びジャーニー オーケストレーターモジュールで使われます。 例えば Gainsightに於ける特定の会社の記録に基づいて構築されたスコアカードを結びつけます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
ARR 顧客の平均経常収益 (ARR) を収納するために使われます。
会社ID 会社の一意の GSIDで、この関係が関連付けられています。 
CSM 関係レコードのCSM情報。このフィールドには User オブジェクトへの参照があります。このフィールドの値はデータインジェストチャネルの派生マッピングを使って入力されます。
現在のスコア 顧客のヘルススコア。 これは、会社の現在のスコアカードの全体的なヘルススコアです。
ライフタイム (月) オリジナルの契約日からの月数。
MRR お客様の現在の月間経常収益(MRR)(現在までのすべての取引を差し引いたもの)。
名前 会社の名前を収納するために使われます。 
NPS® 顧客のネットプロモータースコア® (NPS®) を保存するために使われます。 このフィールドは編集できません。
ワンタイム収益 関係のワンタイム収益。 
オリジナル契約日 関係のオリジナル契約日 (最初の取引に基づく顧客獲得日(新規ビジネス))。 
以前のスコア 顧客の以前の健康スコア。
スコアカード ID 名前、エンティティタイプ、変更者などのスコアカードマスターのフィールドはこの一意のIDを介して取得できます。 このフィールドには、スコアがどのスコアカードから取得されているかが示されます。これはそれぞれの関係のアクティブスコアカードIDです。システムには複数のスコアカードが存在する可能性がありますが、一度にアクティブにできるのは1つのみです。
GS関係ID Gainsightオブジェクトの関係と同等の一意のID。
ステージ カスタマーステージ。 カスタマーステージはカスタマージャーニー/ステータスに関する追加情報を提供する構成可能な属性です。 このフィールドのデフォルト値は新規顧客、キックオフ、ローンチ済み、採用中、離反する、離反を含みます。
ステータス 顧客がアクティブか非アクティブかを示します。 このフィールドのデフォルト値はアクティブ、非アクティブ、離反を含みます。
トレンド スコアのトレンド。 上/下/同一。 このフィールドは編集ができず、以前のスコアと現在のスコアの差が表示されます。
タイプID 関係タイプオブジェクトの一意の ID。

ユーザー  

このオブジェクトは、スコアカード調査ジャーニー オーケストレータータイムライン、及びダッシュボードビルダーモジュールで使われます。 例えば、ユーザーに関する情報をGainsightに保存する

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社ID データタイプはGSIDです。これには、会社オブジェクトへのルックアップがあります。
作成日 データタイプは日時です。 レコードが作成された時刻を指定します。
メール データ型のメールです。ユーザーのメール アドレスを収納します。
外部 ID データタイプは文字列です。 外部システムに於ける一意の会社識別子。 メールアドレスと名前とは別に会社を一意に識別します。
ファーストネーム データタイプは文字列です。 ユーザーのファーストネームを収納します。
Gainsight有効ライセンス データタイプはブール値 (真/偽) です。 GainsightライセンスがこのGainsightユーザーに割り当てられているかどうかを示します。
GSID ユーザーレコードのGSID。例として: 関係又は会社のCSM は、ユーザーオブジェクトのこのレコード対するルックアップを持っています。

IsActiveUser又は

アクティブ (表示名)'

ブール型 (真/偽) のデータタイプです。 ユーザーがGainsightでアクティブかどうかを示してください。

注意: IsActive (非推奨) はまもなく非推奨になり、このフィールドはルールエンジン、データ管理>ユーザーフィールド、データデザイナー、及びレポート機能で表示されます。

データタイプは文字列です。 ユーザーの姓を収納します。
修正日 データタイプは日時です。 記録が最後に変更された日付が表示されます。
名前 データタイプは文字列です。 ユーザーの名前を収納します。 
GSユーザーID データタイプはGSIDです。 これは、Gainsightユーザーと同等のユーザーIDをに保存します。
ユーザー名 データタイプはメールです。 ユーザーのユーザー名を保存します。 ユーザー名はGainsight内で一意であり、Gainsightでユーザーを識別するためのキーとして使います。
管理者 データタイプはGSIDです。 このフィールドは管理者がユーザー - 管理者階層、「私のチーム」及び「ポートフォリオビュー」を作成するのに役立ちます。
タイムゾーン ユーザーのいる場所のタイムゾーンを保存します。管理者はユーザー管理ページ>マニュアルページおよびルール エンジン (ユーザー アクションへのロード) から ユーザーのタイムゾーン値を取り込むことができます。
上級管理者 このフィールドのデータタイプはブール値 (真/偽) です。 ユーザーがダッシュボード及びダッシュボードフォルダで優れた権限を持つ上級管理者として識別されているかどうかを示します。
システムタイプ 内部又は外部のいずれかを選択するデータタイプのドロップダウンリストです。 ユーザーが自社組織の一部である場合、ユーザーは内部として識別されます。 ユーザーが顧客組織の一部である場合、ユーザーは外部ユーザーとして識別されます。「外部」ユーザーはダッシュボード又はC360ページがピープル情報と共有されると自動的に作成されます。外部ユーザー情報をユーザーオブジェクトに入力するには、ユーザーの組織はGainsightオブジェクトにレコードを持っている必要があります。

関係

このオブジェクトはスコアカード調査、及びジャーニー オーケストレーターモジュールで使われます。 例えば、関係コンテキストに関する情報をGainsightに保存します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
ARR 顧客の平均経常収益 (ARR) を収納するために使われます。
請求先住所 顧客の請求先住所を保存するために使われます。
会社タイプ 会社タイプを保存するために使われます。
CSM 会社レコードのCSM情報。 このフィールドには User オブジェクトへの参照があります。 このフィールドの値は、データ取り込みチャネルの派生マッピングを使って入力されます。
現在のスコア 顧客のヘルススコア。これは、会社の現在のスコアカードの全体的なヘルススコアです。
顧客ライフタイム(月数) オリジナルの契約日からの月数。
従業員 会社の従業員数。
業種 会社が属している業種。例: ソフトウェア、ネットワーク、自動車など
ライフサイクル(週) 顧客の週単位のライフサイクル。
MRR お客様の現在の月間経常収益(MRR)(現在までのすべての取引を差し引いたもの)。
名前 関係の名前を収納するために使用されます。
NPS® 顧客のネットプロモータースコア® (NPS®) を保存するために使われます。このフィールドは編集できません。
オリジナル契約日 顧客のオリジナルの契約日 (最初の取引(新規取引)に基づく顧客獲得日)。
親会社 顧客の親会社。 このフィールドには、セルフオブジェクト Company への参照があります。このフィールドはデータ取り込みチャネルの派生マッピングを使って入力されます。
以前のスコア 顧客の以前の健康スコア。
更新日 顧客の次の更新日。
スコアカードID 名前、エンティティタイプ、変更者などのスコアカードマスターからのフィールドは、この一意のIDを介してこのオブジェクトに取得できます。このフィールドには、スコアがどのスコアカードから取得されているかが示されます。このフィールドには、スコアがどのスコアカードから取得されているかが示されます。

関係タイプ

このオブジェクトはスコアカード調査、及びジャーニー オーケストレーターモジュールで使われます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
名前 関係の名前。
GS関係タイプID Gainsightの関係タイプの一意の ID。

個人 

個人はGainsightの標準オブジェクトで、現実世界の人々のユニークな記録を保存します。 ジョン・デイモンという男を例にとってみましょう。彼の名前、電子メール、携帯電話、Twitter プロフィール、LinkedIn プロフィールなどの個人属性がこのオブジェクトに保存されているとします。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
GS 作成者 記録を作成した人を示します。このフィールドには、ユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
GS 修正者 レコードを最後に変更したユーザーを示します。このフィールドには、ユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
通貨 ISO コード 多通貨テナントの場合、このフィールドにはユーザー入力に基づく通貨コード (通貨記号) が保存されます。テナントがデータロード中に通貨を指定しない場合、このフィールドの値はデフォルトで会社の通貨に設定されます。
メールオプトアウト このフィールドを使うと、管理者は操作できない全てのメールからユーザーをオプトアウトすることができます。メールは通常、ジャーニー オーケストレータープログラムを通じて送信されます。
LinkedIn URL このフィールドはその人のLinkedinのURLを取得します。
作成日 レコードがいつ作成されたかを示します。
メール 個人のメール アドレス
外部ID 外部システム内の固有の個人識別子。メールアドレスと名前を除いて、個人を一意に識別します。
ファーストネーム 個人のファーストネーム
GSID 個人レコードのGSID。例として:Gainsightとのセグメント統合によるデータ内の利用状況データIDは、Personオブジェクト内のこのレコードを検索します。
その人の姓
ミドルネーム その人のミドルネーム
修正日 レコードが最後に変更された日付を表示します。
名前 個人の名前
場所 個人の居場所を保存します。管理者はこのフィールドをルールアクションタイプにマッピングできます。[会社担当者への読み込み] と [関係担当者への読み込み]
タイムゾーン 個人のタイムゾーンを保存します。管理者はこのフィールドの値をマップし、Bionic Ruleアクションタイプのデータをロードできます。会社担当者への読み込み と 関係担当者への読み込み。
動的決断のキー これはGainsightが社内のマスターデータ管理(MDM)プロセスに使用するものであり、顧客が使用する個人データを保存するためではありません。
マスターアバタータイプコード これはGainsightが社内のMDMプロセスに使用するもので、顧客が使用するための個人データを保存するためではありません。
マスターレコード ID これはGainsightが社内のMDMプロセスに使用するもので、顧客が使用するための個人データを保存するためではありません。
コメント これにより、CSMは、個人的な興味/趣味、気質、現在の懸念事項など、その人に関する追加情報を表示または追加できます。C360の個人セクションに新しく導入されたコメントフィールドでは、その人のユニークな特徴(会話のヒントなど)をキャプチャして、自分や同僚が今後その個人と会話する際に役立てることができます。その人についてここで記入されたコメントは、その人が関係する会社や関係のあらゆる文脈で閲覧できるようになります。

会社の個人

会社の個人は、会社に関連する個人の属性を保管する標準オブジェクトです。John DamonがAcmeで働いているとします。Acmeで働いている間、会社名、役職/役職、オフィスの電話番号、管理者などを含む彼の属性がこのオブジェクトに保存されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社ID 個人が関連付けられている会社のIDを収納します。このフィールドには、Company オブジェクトの GSID フィールドが参照されます。
作成日 レコードがいつ作成されたかを示します
GSID 会社の個人レコードの GSID
IsPrimaryCompany 会社レコードが個人の主たる会社であるかどうかを示すフラグ
役割 会社に関連する人のロールを保存します。Gainsightでは今後、5つの役柄を披露する予定です。ユーザー、管理者、ジェネラルスポンサー、意思決定者、パワーユーザー。要件に基づいてカスタムロールを作成できます。
タイトル 会社に関連する人物の役職を格納します。
管理者 個人の管理者のGSIDを会社に関連付けて収納します。同じオブジェクト内の別の個人レコード (ユーザーの管理者) を検索します (セルフオブジェクト検索)。
アクティブ 個人が会社に関連付けられているかどうかを示すフラグです。ある会社に所属している人のステータスは「True」で、他の会社と関わったことのある人のステータスは「False」です。
修正日 レコードが最後に変更された日付を表示します。
個人ID 個人オブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。

関係者 

関係者は、関係に関連する人物の属性を格納する標準オブジェクトです。Acme の John Damon が、関係として表現されるプロジェクトの実装に取り組んでいるとしましょう。ビジネスユニット名、関係ID、関係でジョンが果たした役割など、この関係に関連するジョンの属性は、このオブジェクトに保存されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社ID 関係が関連付けられている会社のIDを収納します。このフィールドには、Company オブジェクトの GSID フィールドが参照されます。
会社個人ID この関係担当者が所属する会社個人レコードの GSID
作成日 レコードがいつ作成されたかを示します
GSID 関係者個人レコードのGSID
IsPrimaryCompany 会社レコードが個人の主たる会社であるかどうかを示すフラグ
役割 関係に関連する人のロールを保存します。Gainsightでは今後、5つの役柄を披露する予定です。ユーザー、管理者、ジェネラルスポンサー、意思決定者、パワーユーザー。要件に基づいてカスタムロールを作成できます。
タイトル 関係に関連する人物のタイトルを保存します。
管理者 GSID を関係に関連付けて保存します。同じオブジェクト内の別の個人レコード (ユーザーの管理者) を検索します (セルフオブジェクト検索)。
アクティブ 人が関係に関係しているかどうかを示すフラグ。ある関係と関連付けられている人のステータスは「True」で、他の関係との以前の関連付けのステータスは「False」です。
修正日 レコードが最後に変更された日付を表示します。
個人ID 個人オブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
関係ID 関係 オブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
関係タイプID 関係タイプオブジェクトの GSID フィールドを検索します。

会社のチーム

この標準オブジェクトは、チーム機能で使用されます。このオブジェクトを使ってレポートを作成し、各会社のユーザーリストを表示することができます。次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社アクセスレベル Gainsightでのアクセスレベルを表示します。
会社のGSID 会社のGainsight Identification (GSID) 番号を表示します。
作成日時 レコードが作成された日時を表示します。
作成者 レコードを作成したユーザーのGSIDを表示します。
削除済み

ユーザーが会社のチームから削除されているかどうかを表示します:

  • 正しい: ユーザーは会社のチームから削除されます。
  • 誤り: ユーザーは会社のチームから削除されていません。
GSID 会社チームオブジェクトのGSIDを表示します。
変更日 レコードの詳細が変更された日時を表示します。
変更者 レコードを変更したユーザーのGSIDを表示します。
ユーザーGSID ユーザーのGSIDを表示します。
ユーザー管理ロール1 会社のチームで割り当てられたユーザーのレベル1管理者を表示します。
ユーザー管理ロール2 会社のチームで割り当てられたユーザーのレベル2管理者を表示します。
ユーザー管理ロール3 会社のチームで割り当てられたユーザーのレベル3管理者を表示します。
ユーザーの役割 会社のチームに於けるユーザーの役割を表示します。
ユーザーソース ユーザーが追加されたソースを表示します。

ピープルマップオブジェクト

ピープルマップモジュールで使用されるGainsightオブジェクトは、個人Gainsight標準オブジェクトセクションで言及されている会社の個人、及び ピープルマップインフルエンサーです。

ピープルマップインフルエンサー 

このオブジェクトはピープルマネジメントモジュールで顧客の情報を保存するために使用されます。 

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
標準フィールド
インフルエンサーID インフルエンサーの会社の個人ID。このフィールドには、会社の個人オブジェクトGSIDフィールドへのルックアップがあります。
会社個人ID 影響を受ける主体の会社の個人ID。このフィールドには、会社の個人オブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
センチメント このフィールドにはインフルエンサーのセンチメント (ポジティブ、ネガティブ、又はニュートラル) が収納されます。
タイプ このフィールドにはインフルエンサーのタイプが保存されます。組織内(全ての会社の個人)会社内 (全てのGainsightユーザー)のいずれか。
注意 このフィールドにはCSMがインフルエンサーに関して追加したメモが保存されます。
システムフィールド
GS作成日 レコードが作成された日付を示します。
GS修正日 レコードが最後に変更された日付を示します。
GSID オブジェクト内のすべてのレコードの一意のGSID。この情報は自動的に生成されます。
GS作成者 レコードの作成者を示します。このフィールドにはユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
GS 修正者 誰がレコードを最後に変更したかを示します。このフィールドにはユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。

ユーザー管理オブジェクト

ユーザーログイン履歴はユーザー管理で使用されるオブジェクトであり、ユーザーログインの履歴を追跡します。

ユーザーのログイン履歴 

このオブジェクトはユーザー管理データ管理 (新しいオブジェクト)、及びレポートビルダーで使われます。

ユーザーのログイン履歴には、次のような様々な情報が記録されます:

フィールド名 説明
アプリケーションユ ユーザーがGainsightアプリケーションにログインしようとしているブラウザ名を表示します。
場所 ユーザーがGainsightアプリにログインしようとしている地名を表示します。
ログID ユーザーがログインを試みたときのログID番号を表示します。
ログイン時間 ユーザーがログインを試みたログイン時間を表示します。
ログインタイプ ユーザーがGainsightアプリケーションにログインするために使うログイン方法が表示されます。
メッセージ 失敗したログイン試行ごとに失敗メッセージを表示します。
ソースIPアドレス ユーザーが使用するコンピュータの送信元IPアドレスが表示されます。
ソースセッション Gainsight NXTやモーバイルなどのログインプラットフォームを表示します。
ステータス 成功または失敗などのログイン試行の結果を表示します。
ユーザー ユーザーIDを表示します。

コックピットモジュールオブジェクト

ここでは、コックピット及びサクセスプランモジュールで使われる最も重要なGainsightオブジェクトのいくつかについて説明します。 

アクションへの呼びかけ [コールツアクション] 

このオブジェクトはコックピットコールツアクション (CTA) で使われます。例えば、CTA及びサクセスプランに関するルール/レポート (完了または未完了、期限切れなど)。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社 会社の名前。
エイジ CTAが開いている期間 (終了日 - 作成日) 又は (今日 - 作成日)。
担当者 CTA の担当者。 Gainsightオブジェクトユーザーからのユーザー情報は、ここで取得されます。このフィールドは名前フィールドとして所有者 (ルックアップ) オブジェクトの下にあります。
コールツアクション親ID これは現在のCTAの生成元である親CTA IDを保存するために使われます。このフィールドは定期的なライフサイクルCTAに適用可能です。.
クローズ日 CTAのクローズ日。
期限切れのクローズ タスクが期日後にクローズされたかどうかを示すフラグ。
クローズされたタスク数 CTAでクローズされたCSタスクの数。
クローズソース CTAがどのようにクローズされたかを示します。例えば、手動、ルール等。
作成日 CTAの作成日。
CTAグループ このフィールドはサクセスプラン情報を持つCTAグループオブジェクトからフィールドを取得するのに役立ちます。
期限迄の日数 CTA (オリジナルの期日 - 作成日) をクローズするまでの日数。
期日を過ぎた日数 CTAの期限を過ぎた日数。
締め切りまでの日数 今日からCTAを終了するまでの日数 (期日 - 今日)。
期日 CTA の期日。
期日差異 CTA 期日が延長される日数 (新しい期日 - 古い期日)。
エンティティタイプ 会社/関係。
ファイナルマイルストーン CTA に関連付けられたクローズドマイルストーン情報 (名前等) を収納します (関連付けられている場合)。
フラグ立て CTAにフラグが立てられているかどうかを示します。.
GS推奨 AR の日付、NPS® スコア、CTA の期日、および優先度に従って CTA が Gainsight によって推奨されているかどうかを示すフラグ。
GSスコア 上記のパラメーターに基づいてGainsight推奨事項のCTAに割り当てられたスコア。
GSスコア更新日 CTAスコアが更新された日付。
下書きです サクセス プランにリンクされている目標がドラフト状態かどうかを示すフラグ。
クローズ済 CTAがクローズされているかどうかを示します。
繰り返しフラグ CTAが繰り返しCTAの一部であるかどうかを示す (真/偽)。
マイルストーン CTAに関連付けられたオープンマイルストーン情報 (名前など) を収納します。
マイルストーン有効 マイルストーンが CTA に関連付けられているかどうかを示すフラグ (True/False)。
オープンタスク数 CTA で現在「オープン」状態にあるタスクの数。
オリジナルの期日 CTAのオリジナルの期日。
期限切れ 期日を過ぎているかどうかを示すCTAのステータス (真/偽)。
期限切れタイプ 延滞/次の7日以内に期限切れ/オープン (7日以上で期限切れ)。
完了率 CTAでクローズされたタスクの割合 (クローズされたタスク数/タスクの合計数)。
プレイブック プレイブックの名前。
優先度 CTAの優先度ステータス。
理由 CTA の理由。
関係 CTA が属する関係名。
関係タイプ CTAタイプが属する関係タイプ名。
ルールアクションID ルールCTAが生成されるアクション。

注:ルール又はアクションの設定が更新されても、対応するルールIDとアクションIDは変更されません。このフィールドの値は、特定のCTAレコードでは変更されません。
スヌーズしました CTAがスヌーズされているかどうかを示すフラグ (真/偽)。
スヌーズ日 CTAがスヌーズされた日付。
までスヌーズしました CTA がスヌーズされるまでの日付と時刻。
スヌーズ理由 CTA がスヌーズされた理由
ソース CTA の生成元 (マニュアル/ルール/調査/アクティビティ/高度なアウトリーチ(プログラム)/ Zendesk)
  • 手動: ユーザーが手動で作成したCTAのこと。
  • ルール: 顧客データ又は時間要因に基づくビジネスルールを介して自動的にトリガーされるCTAを指す。
  • 調査: 調査からトリガーされたCTAを指す。
  • アクティビティ: タイムラインアクティビティから作成されたCTAを指す。
  • 高度なアウトリーチ: ジャーニー オーケストレータープログラムからトリガーされたCTAを指す。
  • Zendesk: ZendeskからトリガーされたCTAを指す。 
ステータス CTAのステータス。
タスク数 CTA 内のタスクの数。
タイプ名 CTA タイプ名。

CSタスク

このオブジェクトはコールツアクション及びCSタスクで使用されます。例えば;、CSタスクに関するレポート (完了または未完了、期限切れなど)。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社 Gainsight (GSID) での会社名。
割り当て先 CSタスクの割り当て先 (GSID)。このフィールドは Gainsight オブジェクトユーザーからユーザー情報を取得するのに役立ちます
自動同期 タスクがGainsightに自動同期されているかどうかを示す。
コールツアクション このタスクが属する親 CTA を含んでいます。
CTAステータス 親CTA のステータスを示します。
クローズ日 CSタスクの締め切り日。
期限切れのクローズ タスクが期日後にクローズされたかどうかを示すフラグ。
作成日 CTAタスクの作成日。
期限迄の日数 作成日からCSタスクをクローズするために割り当てられた日数 (オリジナルの期日 -作成日)。
期日を過ぎた日数 CTAタスクが期日を過ぎた日数。
終了までの日数 CS タスクが作成日からオープンになっている日数(クローズ日—作成日)。
締め切りまでの日数 今日から締め切りまでの日数 (締め切り日 - 今日)。
差分日数 作成日から期日までの間にタスクがオープンとなっている日数(期日—作成日)。
期日 CTAタスクの期日。
期日差異 タスクの期日が変更される日数 (新しい期日 - 古い期日)。
閉じています クローズ済みかどうかにかかわらないタスクのステータス。
メールを送信 このタスク (メールアシストタスク) のメールがコックピットから送信されるかどうかを示します。
オリジナルの期日 CTA タスクのオリジナルの期日。
期限切れ 期日を過ぎているかどうかのタスクのステータス。
親依存 現在のタスクが依存関係を持つタスク名。(例として: タスクが別のタスクの締め切り日に依存してスケジュールされている場合)。
プレイブック タスクが取得されるプレイブック名。
優先度 タスクの優先度 (低/中/高/その他)。
ソース CSタスクの作成元のソース。マニュアル = ユーザーが作成、アクティビティ = タイムラインエントリ、ルール、調査などから作成。
ステータス タスクのステータスを示しす (オープン/クローズ等.)。
件名 タスク名の件名。
タイムラインアクティビテID このフィールドは現在のCSタスクが生成されたタイムラインでメールアクティビティの情報を取得するのに役立ちます。
送信メール タイプ メールの送信に使用される送信メールアドレスのタイプ (連絡先/ユーザー/手動)。
タイプ CTAタスクのタイプ。
タイプ名 これが標準タスクかメールアシストタスクかを示します。
プレイブック内の一意の識別子 プレイブックの一意の識別子。
 次のアクションの期日 「次のアクションの期日」オブジェクトには、今後のアクションおよびそれに対応する期日に関する情報が格納されています。

サクセスプラン

このオブジェクトはサクセスプランで使用されます。例えば、サクセスプランに関するルール/レポート (完了又は未完了、期限切れなど)。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社 会社の名前。
アクションプラン サクセスプランの プラン情報 > アクションプラン セクションに保存されている情報。
アクティブ日 サクセスプランのステータスがドラフトからアクティブに変更される日付。
クローズ日 サクセスプランが終了する日付。
クローズロスト目標数 サクセスプランでステータスがクローズロストの目標数。
期日超過フラグ 期日後にサクセスプランがクローズされたかどうかを示すフラグ。
クローズされたタスク数 サクセスプランでクローズされたタスクの数(サクセスプランの全ての目標からクローズしたタスク)。
成約目標数 サクセスプランでステータスが成約の目標の数。
CTAグループカテゴリ サクセスプラン名 (目標の数はサクセスプランとして分類されます)。
期限迄の日数 サクセスプランを完了するまでの日数 (オリジナルの期日 - 作成日)。
期日を過ぎた日数 サクセスプランのオリジナルの期日を過ぎた日数。
期日 サクセスプランの期日。
期日差異 サクセスプランの期日が変更される日数 (新しい期日 - 古い期日)。
エンティティタイプ 会社/関係。
オープン目標数 サクセスプランで現在「オープン」状態にある目標の数。
オープンタスク数 サクセスプランで現在「オープン」状態にあるタスクの数 (サクセスプランの全ての目標からのオープンタスク)。
オリジナルの期日 サクセス プランのオリジナル期日。
期限切れ サクセスプランが期日を過ぎているかどうかを示すフラグ (真/偽)。
期限切れタイプ 期限切れ/次の7日以内に期限切れ/サクセスプランのオープン (7日以上で期限切れ)。
オーナー サクセスプランの所有者。
完了率 サクセスプランにおける目標の達成率。(サクセスプランで完了した目標の総数/サクセスプランの目標総数)。
プランの説明 サクセスプランの説明。
関係 サクセスプランが属する関係名。
関係タイプ サクセスプランが属する関係タイプ名。
ソース サクセスプランが生成されるソース (マニュアル/ルール)。
ステータス サクセスプランのステータス (ドラフト/アクティブ/クローズ)。
サクセスプランのタイプ サクセスプランが関連付けられているタイプ。サクセスプランのタイプは管理者によって作成され、CSMがサクセスプランをタイプに」振り分けます。
テンプレート サクセスプランの作成に使用されるテンプレート名。
目標総数 サクセスプランの目標総数 (オープンの目標数 + クローズ済みロスト目標数+成約目標数)。

プレイブック

このオブジェクトはプレイブックで使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
作成者 プレイブックを作成したユーザー。
作成日 プレイブックが作成された日付。
CTAタイプ CTAタイプ名。
削除済み プレイブックが削除されたかどうかを示す削除済みフラグ。
説明 プレイブックに関する情報。
エンティティタイプ アカウント/関係。
ID これは現在のプレイブックの生成元である親 CTA IDを保存するために使われます。
アクティブ中 ブール型 (真/偽) のデータ型です。ユーザーがアクティブかどうかを示します。
自動同期有効フラグ プレイブックがSFDCに自動同期されるかどうかを示す自動同期有効フラグです。
変更者 プレイブックを最後に変更したユーザー。
修正日 プレイブックが最後に変更された日付。
名前 プレイブック名。
関係タイプ プレイブックが属する関係タイプ名。
同期ステータス プレイブックの同期ステータス。
タスク数 このプレイブックが使用されているCSタスクの総数。
使用数 このプレイブックが使用されたCTAの総数。

コックピット関連レコード 

このオブジェクトはSPテンプレート及びリンクされたオブジェクトに関するデータを取得するために使用されます。例えば、 SPテンプレートとリンクオブジェクトに関するレポートの作成方法。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
作成者 このレコードを作成したユーザー。
作成日 このレコードが作成された日付。
CTA このレコードに関連付けられたCTA 名。
外部オブジェクト このレコードに関連付けられた外部IDを収納するために使用されるオブジェクト。
ID これは、現在のプレイブックの生成元である親CTA IDを保存するために使われます。
変更者 レコードを最後に変更したユーザー。
修正日 レコードが最後に変更された日付。
サクセスプラン このレコードに関連付けられているサクセスプランのテンプレート名。
タスク このレコードに関連付けられているタスク名。

レポートカテゴリー

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
表示順序 レポートカテゴリを構成する際のライブラリの質問の表示順序。
ID これは現在のプレイブックの生成元である親 CTA IDを保存するために使われます。
名前 カテゴリ名。
タイプ レポートカテゴリのタイプ。

ジャーニー オーケストレーターモジュールオブジェクト

ここでは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使われる最も重要なGainsightオブジェクトのいくつかについて説明します。 

注意:Gainsight機能の「高度なアウトリーチ」又は「AO」は、アプリケーションでは「プログラム」に名前が変更されていますが、高度なアウトリーチ機能のアプリケーションオブジェクトとフィールド名には、「高度なアウトリーチ」という用語が使われています (例: 「AO メール」はオブジェクト名ですが、Program メール に名前が変更されることはありません)。

メールログ

メールログには、1人の受信者のメールについて集約されたエントリーが含まれます。受信者のメールに発生したイベント数とは無関係に、メールログには1つのエントリーしかありません。

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター高度なリーチ (プログラム)メールアシストで使用されます。例えば、メールキャンペーンの成功、送信されたメールアシスト タスクの数、システムから返されたエラー メッセージの種類等に基づくルール/レポート

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
関連付けられたフィールド 関連付けられたオブジェクトのフィールド。
関連オブジェクト メールログが関連付けられているオブジェクト名。
関連付けられた値 関連付けられたオブジェクトから関連付けられたフィールドに保存された値。
バッチ名 バッチの名前。
連絡先名又はユーザー名 メールの受信者 - 内部で送信された場合はユーザー名が入力され、外部で送信された場合は連絡先名が入力されます 。
イベントメッセージ 受信メールシステムから返されるエラーメッセージ。
開封済み バイナリ値、1 = メールが開封された、0 = メールが開封されていない。
開封数 メールが開封された回数。
テンプレート名 テンプレートの名前。
トリガーされた日 メールの送信がスケジュールされた日付/時刻。
トリガー実行日 メールが送信された実際の日時。
使用例

オプションは次のとおりです:

  • 高度なアウトリーチ (プログラム)
  • キャンペーン(アウトリーチ)
  • コックピット (メールアシスト)
  • 外部共有 (機能の共有)
バリアント名 使用されるバリアント名 (デフォルト= バリアントなし、又はデフォルトのバリアントがトリガーされる)。

メールログV2

メールログV2 オブジェクトには、1人の受信者のメールと分析情報が集約されたエントリが含まれています。このオブジェクトはジャーニー オーケストレーター プログラムメールアシストで使用されます。次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

メールテンプレートバージョン名。

フィールド 説明
アドレスタイプ このフィールドにはインフルエンサーのタイプが保存されます。組織内(全ての会社の個人)会社内 (全てのGainsightユーザー)のいずれか。
バウンスタイプ メールシステムからの自動メッセージのタイプ。ハードバウンス又はソフトバウンスのいずれかです。
バウンス バウンスされたメールは、メールシステムからの自動メッセージであり、前のメッセージの送信者にメッセージが配信されていないことを通知します。
バウンス日 メールがバウンスされた日付。
バウンスの理由 メールがバウンスされた実際の理由。
カテゴリID オプトアウトページカテゴリのID。
会社ID 会社の一意のGSID。
会社個人ID 会社の個人オブジェクトからの一意のID、会社に関連付けられた参加者の詳細。
作成日 メールログが作成された日付。
メールコンテンツID メールの一意の識別子。
メールID 参加者のメール アドレス。
小文字のメールID 送信者のメールアドレスが小文字かどうかを示します。
メール テンプレートID メールテンプレートの一意の識別子。
メールテンプレート名 メールテンプレート名。
メールテンプレートのバージョンID メールテンプレートバージョンの一意の識別子。
メールテンプレートのバージョン名  
外部会社ID 会社の外部ID。
外部会社の個人ID 外部会社の個人の一意のID。
外部関係ID 外部システムに於ける一意の関係ID。メールと名前とは別に、関係を一意に識別します。
外部関係の個人ID 外部システムに於ける個人の一意の関係識別子。
外部関係タイプID 関係タイプオブジェクトの外部GSIDフィールド。
外部ユーザーID 外部ユーザーの一意の識別子。
最初の開封日 メールが最初に開封された日付。
メールIDから 送信者のメールID。
送信者名 送信者の名前。
GSID 一意のGSID。
最新の開封日 メールが最後に開封された日付。
リンクのクリック日 リンクが最後に開かれた日付。
リンクのクリック数 リンクを開くために使用されたクリックの総数。
クリックされたJSONをリンク リンクされたクリック日 (JSON 形式)。
修正日 メールが最後に変更された日付。
名前 メール受信者名。
開封数 メールについて記録された開封の総数。
開封済み メールが開封されたかどうかを示します。
ページID ページの一意のID。
親受信者ID 親ユーザーの一意の識別子。
個人ID 個人 オブジェクトの固有 ID。
個人タイプ このフィールドはAO参加者オブジェクトを個人オブジェクト又は個人アバター (ユーザー等) オブジェクトと結合するのに役立ちます。
受信者ID メールを受信した人の一意のID。
外部 ID の記録 外部システム内の一意の会社IDレコード。これはメールと名前とは別に、会社を一意に識別します。
外部名の記録 外部レコード名。
レコードID レコードの一意のID。
拒否された 受信者アドレスが正しくないためにメールが拒否されたかどうかを示すフラグ。
拒否された日付 メールが参加者によって拒否された日付。
関係ID GainsightのGS関係ID。
関係者ID 関係する個人の一意の識別子。
関係タイプID 参加者の一意の関係タイプID。
返信先メールID 返信先メールアドレスの一意のメールID。
返信先の名前 メールの返信先の名前。
リクエストID リクエストの一部として何が起こったかを把握するために、この一意の識別子はSumologicログを調べるのに役立ちます。
送信 メールが送信されたかどうかを示します。
送信日 メールが送信された日付。
ソース CSタスクの作成元のソース。マニュアル = ユーザーが作成、アクティビティ = タイムラインエントリ、ルール、調査などから作成。
ソースID このフィールドはAO参加者オブジェクトをMDA標準オブジェクトの特定のレコードと結び付けるのに役立ちます。これはAO参加者オブジェクトでレポートを作成し、MDA標準オブジェクトから選択したフィールドと結び付けるのに役立ちます。
ソース名 参加者ソースの名前。
スパム メールがスパムであるかどうかを示します。
スパムとマークされた日 メールがスパムとしてマークされた日付。
トリガーされた日 メールが最後にトリガーされた日付。
登録解除 メールアドレスがアウトリーチ/プログラムから登録解除されているかどうかを示すフラグ。
登録解除日 メールアドレスがプログラムから登録解除された日時。
ユーザーID Gainsightオブジェクトユーザーからユーザー情報 (ユーザー名、メール、会社名など) を取得するのに役立つ一意の ID。

GSアセット使用状況の追跡

GSアセット使用状況追跡オブジェクトには、レポートとダッシュボードの使用状況に関する情報が含まれています。ユーザーがダッシュボード又はレポートにアクセスするか作成すると、このオブジェクトに行が作成され、誰がどのアセットにアクセスしているかに関する情報が表示されます。このオブジェクトはHorizo​​n Analyticsのみを使います。次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
APIバージョン アセットの内部バージョン。
アセットID クローンなどで作成された同じ名前のアセットを区別します。
アセット名 アセットの名前。
アセットタイプ アセットのタイプ。
イベント数 特定のアセットに特定の方法でアクセスした回数のローリング集計(以下を参照)。
イベントタイプ アセットへのアクセス方法。クローンと共有に加えて、基本的な作成、実行、更新、及び削除があります。
最後に使用したタイムスタンプ アセットが最後に使用された日時。
リクエストソース セッション中にアセットがどのようにアクセスされたかをユーザーに通知します。
ソースタイプ フィールド値に基づくソースのタイプ。
ユーザーID Gainsightオブジェクトユーザーからユーザー情報 (ユーザー名、メール、会社名など) を取得するのに役立つ一意の ID。

高度なアウトリーチ (プログラム) 

このオブジェクトはプログラムに関する重要な情報を保存するために使われます。例えば、プログラムの重要なパラメーターに関するレポートを作成します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
高度なアウトリーチID 一意のプログラムID。
高度なアウトリーチコード レポートでプログラムを一意に識別するために使われるコード。
高度なアウトリーチ モデル名 プログラムのモデル名 (NPS®調査/CSAT調査/ジェネリック調査/メールチェーン)。
高度なアウトリーチモデルタイプ トランザクション (CSAT)/非トランザクション (NPS®、ジェネリック、メールチェーン等)
高度なアウトリーチ名 プログラムの一意の名前。
高度なアウトリーチ開始日 プログラムの公開日。
高度なアウトリーチのステータス ドラフト(レポートでは 新規)/アクティブ (レポートでは 処理中)/一時停止/スケジュールされた/停止。
高度なアウトリーチタイプ 顧客/関係
メールをSalesforceに記録 プログラムの一部として送信されたメールがSFDCに保存されるかどうかを示すフラグ。
関係タイプID プログラムに関連付けられた関係タイプID。このフィールドは Gainsightオブジェクトの関係関係タイプから関係タイプの情報を取得するのに役立ちます。
関係タイプ名 プログラムに関連付けられた関係タイプの名前。
調査終了日 プログラムに添付された調査の終了日。
調査名 プログラムを通じて送信された調査の名前。

AO参加者(プログラム参加者)

このオブジェクトはプログラムの参加者に関する情報を保存するために使われます。例えば、レポビルダーを介してプログラムの参加者に関する情報を取得します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社名 参加者が関連付けられている会社の名前。
高度なアウトリーチID 一意のプログラム ID。
ファーストネーム 参加者のファーストネーム。
参加者の姓。
フルネーム 参加者のフルネーム。
コンテキストID 参加者の応答を特定のアクティビティに結びつけるように構成できる一意のID。コンテキストIDは、サポートチケット番号またはウェビナーコードである可能性があります。
最後にクリックされたメールリンク メールに表示されてクリックされたリンクの最後のインスタンス。
最後に送信されたメール(日時) ( 日時 )プログラムから送信されたメールの最後のインスタンス。
最終メールステータス 参加者に配信済/未配信。
管理者のファーストネーム 参加者の管理者のファーストネーム。
管理者の姓 参加者の管理者の姓。
管理者のフルネーム 参加者の管理者のフルネーム。
マネージャのメールアドレス 参加者のマネージャのメールアドレス。
参加者の状態 プログラムジャーニーに於ける参加者の状態を示します。レビュー/アクティブ/完了/ドロップの不一致(間違ったメール アドレスなど)/ノックオフ (参加者をプログラムから手動で削除)。
参加者ID 参加者の一意のID。
受信者のメール アドレス 参加者のメール アドレス。
関係連絡先名 関係連絡先の名前。
関係名 関係の名前。
関係ステータス 関係のステータス。
関係タイプ名 関係タイプの名前。
送信者ファーストネーム プログラムを送信する主催者/管理者のファーストネーム。
送信者姓 主催者/管理者の姓。
送信者フルネーム 主催者/管理者のフルネーム。
送信者メールアドレス 主催者/管理者のメールアドレス。
Gainsight会社ID 参加者が関連付けられているGainsight会社ID
Gainisght連絡先ID 参加者のGainisght連絡先ID。
GainisghtユーザーID 参加者のGainisghtユーザーID。
調査ページの開封数 参加者の調査ページの開封数。
調査ページ開封済 特定の調査ページが参加者によって開かれているかどうかを示すフラグ。
調査回答済 参加者が特定の調査に回答したかどうかを示す調査回答フラグ。
調査回答日 参加者が特定の調査に回答した日付。
調査回答状況 参加者による調査の提出/部分提出(調査に回答したが提出されていない)
調査スコア 参加者が提出した調査の調査スコアNPS®スコア( 0 -10 )。
調査送信日 プログラムが参加者に調査を送信した日付。
送信メール総数 プログラムの過程で参加者に送信されたメールの合計数。
個人タイプ (Who ID) このフィールドはAO参加者オブジェクトを個人オブジェクト又は個人アバター (ユーザー等) オブジェクトと結合するのに役立ちます。これはAO参加者オブジェクトに関するレポートを作成し、個人又は個人アバターオブジェクトから選択したフィールドを結合するのに役立ちます。
GS個人ID (Who ID) このフィールドは、個人オブジェクトまたは個人アバター(ユーザーなど)オブジェクトの特定のレコードに結合するのに役立ちます。これはAO参加者オブジェクトでレポートを作り、個人または個人アバターオブジェクトから選択したフィールドに参加するのに役立ちます。
ソースタイプ(What ID) このフィールドは、AO参加者オブジェクトとGainsight標準オブジェクトを結合するのに役立ちます。これは、AO参加者がオブジェクトでレポートを作成し、Gainsight標準オブジェクトから選択したフィールドを結合するのに役立ちます。
GSソースID (What ID) このフィールドは、AO参加者オブジェクトのGainsight標準オブジェクトの特定のレコードと結合するのに役立ちます。これはAO参加者オブジェクトでレポートを作成し、Gainsight標準オブジェクトから選択したフィールドを結合するのに役立ちます。

AOメール(プログラムメール)

このオブジェクトは、プログラムにメールに関する情報を保存するために使用されます。たとえば、プログラムから送信されたメールに関する情報に関するレポートを作成します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
高度なアウトリーチID 一意のプログラム ID。
バウンス日 特定のメールがバウンスされた日付。
バウンスタイプ

ハード/ソフトバウンスタイプ:

  • ハードバウンス: アドレスが無効/削除/無効等になっているメールの数。
  • ソフトバウンス: 受信者の受信トレイがいっぱいになったためにバウンスされたメールの数、またはその他のさまざまな理由でメールサーバーが受信できなくなったためにバウンスされたメールの数です。
メールクリック 特定のメールが参加者によってクリックされたかどうかを示すフラグ。
メールクリック日 参加者が特定のメールをクリックした日付。
メールID 参加者のメール アドレス。
メール開封数 特定のメールが元の受信者によって開かれたインスタンスの合計数。
開封済メール 特定の電子メールが開かれているかどうかを示すフラグ。
メール送信 特定のメールがプログラムの参加者に送信されるかどうかを示すフラグ。Trueが参加者に正常に送信された場合、その逆も同様です。
メール テンプレートID 電子メールテンプレートのID。
メールテンプレート名 テンプレートの名前。
差出人アドレス 送信者のメールアドレス。
最終電子メール開封日 ( 日時 )参加者が開封した電子メールの最後のインスタンス。
リンクのクリック数 メールで共有されたリンクが参加者によってクリックされたインスタンスの数。
ページオープン数 調査ページが参加者によって開かれたインスタンスの数をカウントします。
参加者ID 参加者の一意のID。
拒否された 受信者のアドレスが間違っているためにメールが拒否されたかどうかを示すフラグ。
拒否された日付 メールが参加者によって拒否された日付。
スパム メールが参加者によってスパムとしてマークされているかどうかを示すフラグ。
スパム日 参加者がメールをスパムとしてマークされた日付。
宛先アドレス 受信者(参加者)のメールアドレス。
未配信 メールがプログラムの参加者に配信されていないかどうかを示すフラグ。
未配信の理由 メール配信失敗の理由。
登録解除 メールアドレスがアウトリーチ/プログラムから退会されているかどうかを示すフラグ。
登録解除日 ( 日時 )プログラムからメールアドレスの登録を解除した日時。

AOリンククリックされた分析(プログラム分析) 

このオブジェクトは、プログラムの分析で使用されます。たとえば、レポートビルダーでプログラムでクリックしたURLの分析を取得するには。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
高度なアウトリーチID 一意のプログラム ID。
Linkclickedcount 個々のリンクが電子メールに添付されてクリックされた回数。
URL クリックされたカウントが追跡されるURL。

AO参加者アクティビティ分析(プログラム分析) 

このオブジェクトは、プログラムの分析で使用されます。たとえば、レポートビルダーを使用して、プログラム参加者の活動に関する分析を取得します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
高度なアウトリーチID 一意のプログラム ID。
現在のステップ名 参加者がプログラムのジャーニーにいる場所。
参加者の個別数 特定のステップを実行した参加者の総数。

AOアナリティクス(プログラムアナリティクス) 

このオブジェクトは、プログラムの分析で使用されます。たとえば、レポートビルダーを使用してプログラムの分析を取得します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
高度なアウトリーチID 一意のプログラム ID。
高度なアウトリーチ名 プログラムの名前。
開封率 プログラムの過程で送信されたメールに対する参加者によって開かれたメールの比率。
調査のクリック率 プログラムを介して送信された調査リンクの数に対するクリックされた調査リンクの数の比率
調査のコンバージョン率 提出された調査の数と開封された調査の数の比率。
アクティブな参加者の総数 特定のプログラムでアクティブな参加者の総数。
バウンドされたメールの総数 特定のプログラムで。
開封済メールの合計 特定のプログラムで。
メールの合計送信数 特定のプログラムの一環として送信された。
参加者の総数 特定のプログラムで。
調査に回答した参加者の合計 プログラムで調査を提出した参加者の総数。
調査ページを開いた参加者の合計 プログラムで調査ページを開いた参加者の総数。

AO参加者アクティビティ(プログラム参加者アクティビティ) 

このオブジェクトは、プログラムの参加者のアクティビティを保存するために使用されます。たとえば、参加者のジャーニーを追跡するためのレポートを作成します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
高度なアウトリーチID 一意のプログラム ID。
現在のステップ名 プログラムの過程における参加者の現在のステップ。
参加者ID 参加者の一意のID。
前のステップ名 プログラムの進行中の参加者の現在のステップに関して。

AO参加者ソース構成(プログラム参加者ソース構成) 

このオブジェクトは、プログラムの参加者のソースに関する情報を格納するために使用されます。たとえば、レポートの取り込み元に基づいてプログラム参加者リストを取得します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
高度なアウトリーチID 一意のプログラム ID。
イベント名 参加者を収集するために使用されるイベントの名前。
参加者操作タイプ ワンタイム(レポートのパワーリストにすべての参加者を追加)/スケジュール済み(パワーレポートにすべての参加者を追加)。すべての参加者が現在パワーリストに追加されているか、スケジュールされているかを示します。
参加者ソース名 パワーリストの参加者名。
参加者ソースタイプ CSV/パワーリスト/クエリビルダー/イベント。

AO事前定義された高度なアウトリーチモデル(プログラムモデル)

このオブジェクトは、プログラムのモデル情報を格納するために使用されます。たとえば、レポートでモデル情報を作成します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
高度なアウトリーチ モデル名 プログラムのモデル名 (NPS®調査/CSAT調査/ジェネリック調査/メールチェーン)。
高度なアウトリーチモデルタイプ トランザクション( CSAT )/非トランザクション( NPS®、ジェネリックなど)。

AO CTA (プログラムCTA )

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、;は、プログラムからトリガーするCTAに関する情報を格納します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社 会社名。会社からルックアップして会社の詳細を取得します。
アクション タイプ アップサート (作成) またはクローズ CTA。
領域名 CTA がトリガーされる製品、標準版の CTA です。
CTA ID 作成または終了されたCTAの一意のGSID。
CTA名 作成または終了したCTAの名前。
CTAステータス CTAのステータス。
エンティティタイプ 会社または関係。
名前識別子 は正/誤ですか。CTAの作成中に、識別子に含めるチェックボックスをクリックして一意の識別子で CTAがトリガーすると、このフィールドにTrueとして記録されたされます。
関係ID 標準版の関係 CTA の gainsight からの関係 ID。
ソースステップID AO参加者アクティビティオブジェクトからの一意のGSIDで、CTAがプログラムからトリガーされるステップの詳細を取得します。

AO CTAマッピング(プログラムCTAマッピング) 

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、;は、それぞれのソースプログラムに対してトリガーされたCTAに関する情報を格納します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
GS アドバンス アウトリーチ ID AOアドバンスアウトリーチオブジェクトからJOプログラムの詳細を取得するための一意のGSID。
GS CTA ID このレコードの詳細を取得するAO CTAレコードの一意のGSID。
GS 参加者ID 参加者の詳細を取得するためのAO参加者オブジェクトからの一意のGSID。
ステップID AO参加者アクティビティオブジェクトからの一意のGSIDで、CTAがプログラムからトリガーされるステップの詳細を取得します。

オプトアウトページ 

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、は情報オプトアウトページを格納します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
カテゴリID オプトアウトページカテゴリのID。
作成日時 データタイプは日時です。 オプトアウトページが作成されたタイミングを示します。
作成者 オプトアウトページを作成したユーザー。
削除済み ページが削除されたかどうかを示す削除済みフラグ。
説明 オプトアウトページへの説明。
GSID 個人レコードのGSID。例として:Gainsightとのセグメント統合によるデータ内の利用状況データIDは、Personオブジェクト内のこのレコードを検索します。
言語ID 管理者によって作成された言語のユニークID。
最終更新日 最後に更新された日付。
変更者 最後にオプトアウトページを変更したユーザー。
名前 オプトアウトページの名前。
ページタイプ ユーザーが作成したオプトアウトページのタイプ。

オプトアウトメール

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、はオプトアウトメールに関する情報を保存します。

注意:Gainsightは、購読解除されたメールの代わりにオプトアウトメールを使用することを推奨しています。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
カテゴリID オプトアウトメールカテゴリのID
会社ID 会社の一意のGSID。
作成日時 データタイプは日時です。オプトアウトメールが作成されたタイミングを示します。
作成者 オプトアウトメールを作成したユーザー。
削除済み オプトアウト電子メールが削除されたかどうかを示すフラグ。
メールアドレス データ型のメールです。オプトアウトしたユーザーのメールアドレスを保存します。
メールログID ユーザーのログイン試行のメールログID番号が表示されます。
エンティティID 関連するオプトアウトメールアクティビティのID。
エンティティ名 参加者を収集するために使用されるイベントの名前。
エンティティタイプ 会社または関係。 
フルネーム 参加者のフルネーム。
GSID 個人レコードのGSID。例として:Gainsightとのセグメント統合によるデータ内の利用状況データIDは、Personオブジェクト内のこのレコードを検索します。
言語ID 管理者によって作成された言語の一意のID。
最終更新日 最後に更新された日付。
変更者 オプトアウトメールを最後に変更したユーザー。
ページID オプトアウトページの一意のID。
個人ID 個人オブジェクトからの一意のID。
個人タイプ このフィールドはAO参加者オブジェクトを個人オブジェクト又は個人アバター (ユーザー等) オブジェクトと結合するのに役立ちます。
理由 参加者がオプトアウトした理由。
理由テキスト 参加者がオプトアウトした理由に関する詳細情報。
理由タイプ 参加者がオプトアウトした理由タイプ。

オプトアウトカテゴリ 

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、はオプトアウトカテゴリに関する情報を格納します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
コード 静的テキストの単純な一意の識別子。
作成日時 データタイプのDateTimeです。オプトアウトカテゴリが作成されたときを示します。
作成者 オプトアウトカテゴリを作成したユーザー。
削除済み オプトアウトカテゴリが削除されたかどうかを示すフラグ。
説明 オプトアウトカテゴリへの説明。
無効 オプトアウトカテゴリが無効になっているかどうかを示すフラグ。
GSID 個人レコードのGSID。例として:Gainsightとのセグメント統合によるデータ内の利用状況データIDは、Personオブジェクト内のこのレコードを検索します。
最終更新日 最後に更新された日付。
変更者 オプトアウトメールを最後に変更したユーザー。
タイプ ユーザーが作成したオプトアウトカテゴリのタイプ。

失敗した参加者

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、;はプログラムの失敗した参加者に関する情報を格納します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アカウント名 参加者が関連付けられているアカウントの名前。
高度なアウトリーチID 一意のプログラム ID。
会社ID 会社の一意の GSIDで、この関係が関連付けられています。
コンテキスト属性ブール これは、参加者のマッピングに使用されるカスタムブールフィールドです。
コンテキスト属性日付 これは、参加者のマッピングに使用されるカスタム日付フィールドです。
コンテキスト属性10進数 これは、参加者のマッピングに使用されるカスタムのデシマルフィールドです。
コンテキスト属性電子メール これは、参加者のマッピングに使用されるカスタム電子メールフィールドです。
コンテキスト属性整数 これは、参加者のマッピングに使用されるカスタム整数フィールドです。
コンテキスト属性文字列 これは、参加者のマッピングに使用されるカスタム文字列フィールドです。
コンテキスト表示名 参加者が属するアカウント/関係タイプ。
コンテキストID 参加者の応答を特定のアクティビティに結びつけるように構成できる一意のID。コンテキストIDは、サポートチケット番号またはウェビナーコードである可能性があります。
コンテキスト名 参加者が属するアカウント/関係タイプ。
コンテキストオブジェクトソース 参加者のコンテキスト ソース。
コンテキストURL クリックされた数が追跡されるコンテキストURL。
作成日時 データタイプのDateTimeです。参加者が失敗したときを示します。
削除済み 参加者が削除されたかどうかを示すフラグ。
外部ID 外部システム内の一意の個人識別子。これは、メールと名前以外の一意の個人を識別します。
失敗理由 失敗した各参加者の失敗メッセージを表示します。
失敗の理由Json Json形式の失敗の理由。
ファーストネーム 参加者のファーストネーム。
フルネーム 参加者のフルネーム。
GS アドバンス アウトリーチ ID 一意のプログラム ID。
GSマネージャーのユーザーID 参加者のGSマネージャーの一意のID。
GS関係ID Salesforce Editionでの関係CTAのためのSFDCからのGS関係ID。標準エディションの関係CTAのMDAからの関係ID。
GS関係タイプID 参加者の一意のGS関係タイプID。
GSソースID このフィールドはAO参加者オブジェクトをMDA標準オブジェクトの特定のレコードと結び付けるのに役立ちます。これはAO参加者オブジェクトでレポートを作成し、MDA標準オブジェクトから選択したフィールドと結び付けるのに役立ちます。
GSユーザーID このフィールドは、個人オブジェクトまたは個人アバター(ユーザーなど)オブジェクトの特定のレコードに結合するのに役立ちます。これはAO参加者オブジェクトでレポートを作り、個人または個人アバターオブジェクトから選択したフィールドに参加するのに役立ちます。
GSID 個人レコードのGSID。例として: Gainsightとの統合セグメントからのデータ内の使用状況データIDは、個人オブジェクトのこのレコードを参照しています。
参加者の姓。
最終更新日 最後に更新された日付。
マネージャのメールアドレス 参加者のマネージャのメールアドレス。
管理者のファーストネーム 参加者の管理者のファーストネーム。
管理者のフルネーム 参加者の管理者のフルネーム。
管理者の姓 参加者の管理者の姓。
マネージャーユーザーID 参加者のマネージャーの一意のID。
発生回数 参加者が発生したインスタンスの総数。
参加者の作成者 プログラムに参加した参加者。
参加者Json 参加者Jsonコード。
参加者ソース名 参加者ソースの名前。
参加者ソースタイプ CSV/パワーリスト/クエリビルダー/イベント。
個人ID このフィールドは、個人オブジェクトまたは個人アバター(ユーザーなど)オブジェクトの特定のレコードに結合するのに役立ちます。これはAO参加者オブジェクトでレポートを作り、個人または個人アバターオブジェクトから選択したフィールドに参加するのに役立ちます。
個人タイプ このフィールドはAO参加者オブジェクトを個人オブジェクト又は個人アバター (ユーザー等) オブジェクトと結合するのに役立ちます。これはAO参加者オブジェクトに関するレポートを作成し、個人又は個人アバターオブジェクトから選択したフィールドを結合するのに役立ちます。
受信者メールアドレス 参加者のメールアドレス。
関係連絡先ID 関係取引先責任者の一意の識別子。
関係連絡先名 関係連絡先の名前。
関係名 関係の名前。
関係者ID 関係する個人の一意の識別子。
関係ステータス 関係のステータス。
関係タイプ名 関係タイプの名前。
送信者メールアドレス 主催者/管理者のメールアドレス。
送信者ファーストネーム プログラムを送信する主催者/管理者のファーストネーム。
送信者フルネーム 主催者/管理者のフルネーム。
送信者姓 主催者/管理者の姓。
SFDCアカウントID 参加者が関連付けられているSFDCアカウントID。
SFDC連絡先ID 参加者のSFDC連絡先ID。
SFDC関係ID 参加者のSFDC関係ID。
SFDC関係タイプID 参加者のSFDC関係タイプID。
SFDCユーザーID 参加者のSFDCユーザーID 。
ソースタイプ このフィールドは、AO参加者オブジェクトとMDA標準オブジェクトを結合するのに役立ちます。これは、AO参加者オブジェクトでレポートを作成し、MDA標準オブジェクトから選択したフィールドを結合するのに役立ちます。
一意の基準 参加者に定義された一意の基準。

AOエンゲージメントマッピング

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、はプログラムにエンゲージメントマッピングに関する情報を格納します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
完了日 トリガーされたエンゲージメントが完了した日付。
作成日時 エンゲージメントがトリガーされた日付。
削除済み エンゲージメントが削除されたかどうかを示すフラグ。
エンゲージメントイベントタイプ PXエンゲージメントイベントのタイプ。
エンゲージメントID エンゲージメントの一意の識別子。
エンゲージメント名 エンゲージメントの名前。
エンゲージメントタイプ トリガーされたエンゲージメントのタイプ。
GS アドバンス アウトリーチ ID AOアドバンスアウトリーチオブジェクトからJOプログラムの詳細を取得するための一意のGSID。
GS 参加者 ID 参加者の詳細を取得するためのAO参加者オブジェクトからの一意のGSID。
GSID 個人レコードのGSID。例として: Gainsightとの統合セグメントからのデータ内の使用状況データIDは、個人オブジェクトのこのレコードを参照しています。
最終閲覧日 トリガーされたエンゲージメントが最後に閲覧された日付。
変更日 トリガーされたエンゲージメントが最後に変更された日付。
親イベントID 親エンゲージメントイベントの一意の識別子。
親外部ID 外部ユーザーの一意の識別子。
PXユーザーID PXユーザーの一意の識別子。
ステータス エンゲージメントのステータス。
ステップID AO参加者アクティビティオブジェクトからの一意のGSIDで、CTAがプログラムからトリガーされるステップの詳細を取得します。
トリガーされた日 エンゲージメントがトリガーされた日付。
閲覧数 トリガーされたエンゲージメントの合計ビュー数。
閲覧日 エンゲージメントが閲覧された日付。

AO CTAイベント 

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、はプログラムにCTAイベントに関する情報を格納します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
作成日時 データタイプは日時です。レコードが作成された時刻を指定します。
CTA ID 作成または終了されたCTAの一意のGSID。
削除済み イベントが削除されたかどうかを示すフラグ。
イベント名 参加者を収集するために使用されるイベントの名前。
イベント時刻 このイベントが発生した時刻。
イベントタイプ 会社または関係。
GSID 個人レコードのGSID。例として:Gainsightとのセグメント統合によるデータ内の利用状況データIDは、Personオブジェクト内のこのレコードを検索します。
変更日 データタイプは日時です。レコードがいつ変更されたかを示します。

未フォーマットのイベントをメールで送信 

メール生イベントには、送信、開封、バウンス、リンククリックなど、受信者のメールに関するすべてのイベントのレコードが含まれています。1つのメールの生イベントに存在するレコードの数は、その電子メールに発生したイベントの数と同じです。

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アカウントID 参加者に関連付けられたアカウントID。
アドレスタイプ このフィールドにはインフルエンサーのタイプが保存されます。組織内(全ての会社の個人)会社内 (全てのGainsightユーザー)のいずれか。
バッチID バッチの一意の識別子。
バッチ名 バッチの名前。
クリックされたURL クリックされたカウントが追跡されるURL。
会社ID 会社の一意の GSIDで、この関係が関連付けられています。
会社名 会社の名前。
連絡先ID 参加者の連絡先ID。
作成日 データタイプは日時です。レコードが作成された時刻を指定します。
メールアドレス データ型のメールです。ユーザーのメール アドレスを収納します。
メールログID メールログの一意の識別子。
イベント 参加者を収集するために使用されるイベントの名前。
イベント日付 このイベントが発生した日付。
イベントメッセージ 受信メールシステムから返されるエラーメッセージ。
外部メールID データタイプのメールです。ユーザーの外部メールアドレスを保存します。
GS関係ID Salesforce Editionでの関係CTAのためのSFDCからのGS関係ID。標準エディションの関係CTAのMDAからの関係ID。
IPアドレス ユーザーが使用するコンピュータの送信元IPアドレスが表示されます。
メタデータ 他のデータについて記述し、情報を与えるデータのセット。
親GSID 個人レコードの親GSID。例として:Gainsightとのセグメント統合によるデータ内の利用状況データIDは、Personオブジェクト内のこのレコードを検索します。
親会社名 親会社の名前。
テンプレートID 電子メールテンプレートのID。
テンプレート名 テンプレートの名前。
使用例 コックピット =メールはメールアシストタスクを介して送信され、プログラム =メールは機能を共有するプログラムを介して送信されました。
バリアント ID バリアントのID。
バリアント名 使用されるバリアント名 (デフォルト= バリアントなし、又はデフォルトのバリアントがトリガーされる)。

GSエラーログ 

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、;はプログラムにGainsightエラーログに関する情報を格納します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
領域名 CTAがトリガーされた製品、NXTエディションのCTA。
作成日 データタイプは日時です。レコードが作成された時刻を指定します。
エンティティID 関連するアクティビティエンティティのID。
エンティティタイプ 会社または関係。
エラーカウント 同期に失敗した回数
例外タイプ このフィールドは常にACTIVITY_SFDC_SYNC_FAILEDに設定されます。
最終変更日 同期が最後に失敗した日時。
メッセージ 実際の失敗メッセージ。
名前 アクティビティの名前または件名。

購読解除メール 

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、は購読していないメールに関する情報を格納します。

注意:Gainsightは、購読解除されたメールの代わりにオプトアウトメールを使用することを推奨しています。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アカウントID 参加者に関連付けられたアカウントID。
アカウント名 参加者に関連付けられたアカウントの名前。
カテゴリ アクティビティのカテゴリ。
連絡先ID 参加者の連絡先ID。
連絡先の名前 担当者名参加者。
作成日 データタイプは日時です。レコードが作成された時刻を指定します。
メールアドレス データ型のメールです。参加者のメールアドレスを保存します。
理由 参加者が購読解除された理由。
理由テキスト 参加者が登録解除された理由に関する詳細情報。

匿名の人物 

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。 

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
作成日 レコードがいつ作成されたかを示します。
動的決断のキー これはGainsightが社内のマスターデータ管理(MDM)プロセスに使用するものであり、顧客が使用する個人データを保存するためではありません。
メール 個人のメール アドレス
外部ID 外部システム内の一意の個人識別子。これは、メールと名前以外の一意の個人を識別します。
ファーストネーム 個人のファーストネーム
GS作成者 レコードの作成者を示します。このフィールドにはユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
GS 修正者 誰がレコードを最後に変更したかを示します。このフィールドにはユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
GSID のGSIDフィールドを検索します。例として:Gainsightとのセグメント統合によるデータ内の利用状況データIDは、Personオブジェクト内のこのレコードを検索します。
その人の姓
マスターアバタータイプコード 内部MDMプロセスのためにGainsightによって使用され、顧客が使用する匿名の個人データを保存するためではありません。
マスターレコードID 内部MDMプロセスのためにGainsightによって使用され、顧客が使用する匿名の個人データを保存するためではありません。
修正日 レコードが最後に変更された日付を表示します。
名前 匿名の人の名前。

プログラム外部APIログ 

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、;は外部APIログに関する情報をプログラムに格納します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
構成ID 外部API構成の一意の識別子。
構成名 外部API構成の名前。
作成日時 外部API構成が作成された日付。
削除済み 外部API 構成が削除されたことを示すフラグ。
実行日 外部API設定が実行された日付。
実行ID 外部API構成実行の一意の識別子。
失敗理由 外部API設定実行失敗の理由。
GS アドバンス アウトリーチ ID AOアドバンスアウトリーチオブジェクトからJOプログラムの詳細を取得するための一意のGSID。
GS 参加者 ID 参加者の詳細を取得するためのAO参加者オブジェクトからの一意のGSID。
GSID 個人レコードのGSID。例として:Gainsightとのセグメント統合によるデータ内の利用状況データIDは、Personオブジェクト内のこのレコードを検索します。
最終回答日 参加者がプログラムに回答した日時。
変更日 外部API構成が変更された日付。
応答 S3 ID S3 応答の一意の識別子。
ステータス 実行された外部API構成のステータスを示します。
ステータスコード 実行された外部API構成のステータスを識別するコード。
ステップID AO参加者アクティビティオブジェクトからの一意のGSIDで、CTAがプログラムからトリガーされるステップの詳細を取得します。
タイプ 外部API 構成のタイプを入力します。

AO失敗した参加者の履歴 

このオブジェクトは、ジャーニー オーケストレーター モジュールで使用されます。たとえば、;は失敗した参加者の履歴に関する情報を格納します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
作成日時 データタイプは日時です。レコードが作成された時刻を指定します。
失敗理由 メールが配信されなかった詳細な理由。
GS失敗した参加者ID 失敗した参加者の詳細を取得するためのAO参加者オブジェクトからの一意のGSID。
参加者ソース名 参加者ソースの名前。
参加者ソースタイプ ソースのタイプ。CSV/クエリビルダー/イベント。

タイムラインモジュールオブジェクト

タイムラインモジュールで使用される最も重要なGainsightオブジェクトのいくつかはここで説明されています。

アクティビティタイムライン 

このオブジェクトは、C360/R360および電子メールアシストタスクのタイムラインアクティビティとして使用されます。たとえば、タイムラインのアクティビティと、他のオブジェクトから取得した関連情報に基づくレポートです。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社ID Gainsight オブジェクト会社から顧客情報 (会社名、CSM、現在のスコアなど) を取得するのに役立つ一意の ID。
活動日 活動が行われる日付。
コンテキストID アクティビティが属する会社ID/関係タイプID/CTA ID。これは、会社、関係タイプなどの情報を取得するのに役立ちます。
コンテキスト名 アクティビティが属する会社/関係タイプ/CTA。
作成者 アクティビティを作成したユーザー名。
作成日 アクティビティがGainsightに記録された日付。
通話時間(分) アクティビティ内の通話または会議の時間。
最終変更者 アクティビティを最後に変更したユーザーの名前。現在、アクティビティを作成したユーザーのみがそれを変更できます。
最終変更日 アクティビティが最後に変更された日付。
注意 事項活動の重要な注意事項。
関係ID Gainsightオブジェクト関係から関係に関する情報(関係名、CSM、現在のスコアなど)を取得するのに役立つ一意のID。
報告カテゴリー アクティビティのカテゴリ (標準またはカスタム)。
ソース アクティビティが生成されるソース: 会社/関係/CTA/アカウントウィジェット/オポチュニティウイジェット。
件名 アクティビティの件名。
ユーザーメール アクティビティを作成したユーザーのメール。
ユーザーID ユーザー情報(ユーザー名、メールアドレス、会社名など)をGainsightユーザーオブジェクトから取得するのに役立つ一意のID
ユーザー名 アクティビティを作成したユーザーの名前。

アクティビティの参加者 

このオブジェクトは、レポートおよびルールエンジンモジュールのタイムラインアクティビティとして使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクティビティID 関連するアクティビティのID。
出席者タイプ このフィールドは、出席者が社内か社外かを示します。
外部出席者GS ID 関連付けられた外部出席者のGainsight ID。
外部出席者GSID 関連付けられた外部出席者のGSID。
内部出席者GSID 関連付けられた内部出席者のGainsight ID。
内部出席者GSID 関連付けられた内部出席者のGSID。

スコアカードモジュールオブジェクト

スコアカードモジュールで使用される最も重要なGainsightオブジェクトのいくつかについては、ここで説明します。

スコアカードの事実

このオブジェクトは、スコアカードモジュールにメジャーのスコアを保存するために使用されます。たとえば、レポートの一括編集ビュー、C360/R360などです。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社ID Gainsightオブジェクト会社のからの会社の一意のID。このフィールドは、 Gainsightオブジェクト会社からアカウントの情報を取得するのに役立ちます
作成日 スコアカードが作成された日付。
現在のスコアID 色、名前、スコアなどのスコアカードスキーム定義のフィールドは、この一意のIDを介してこのオブジェクトに取得できます。
測定ID 名前、性質などの Scorecard Measures のフィールドは、この一意のIDを介してのオブジェクトに取得できます。
修正日 スコアが変更された日付。
前のスコアID 色、名前、スコアなどのスコアカードスキーム定義のフィールドは、この一意のIDを介してこのオブジェクトに取得できます。
スコア変更者 スコアを最後に変更したユーザー。
スコアカードID 名前、エンティティタイプ、変更者などのスコアカードマスターからのフィールドは、この一意のIDを介してこのオブジェクトに取得できます。
トレンド スコアのトレンド。上/下/同一。

関係スコアカード履歴   

このオブジェクトは、スコアカードモジュールにメジャーの履歴スコアを保存するために使用されます。たとえば、R360と習慣レポートです。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社ID Gainsightオブジェクト会社の一意のIDで、会社の詳細がこのオブジェクトに取得される。
作成者 スコアカードを作成したユーザー。
作成日 スコアカードが作成された日付。
変更者 スコアカードを最後に変更したユーザー。
修正日 スコアカードが変更された日付。
総合スコア(関係性) 特定の関係の総合スコア。
関係ID Gainsightオブジェクト関係からの一意のIDで、関係に関する詳細をこのオブジェクトに取得する。

アカウント スコアカードの履歴 

このオブジェクトは、スコアカードモジュールにメジャーの履歴スコアを保存するために使用されます。たとえば、C360と習慣レポートです。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社ID Gainsightオブジェクト会社の一意のIDで、会社の詳細がこのオブジェクトに取得される。
作成者 スコアカードを作成したユーザー。
作成日 スコアカードが作成された日付。
修正日 スコアカードが変更された日付。
変更者 スコアカードを最後に変更したユーザー。
総合スコア(会社) 特定の会社の総合スコア。

スコアカードマスター

このオブジェクトは、すべてのスコアカードをスコアカードモジュールに保存するために使用されます。たとえば、レポートで使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクティブ 特定のスコアカードが使用されているかどうかを示すフラグ。
作成者 スコアカードを作成したユーザー。
作成日 スコアカードが作成された日付。
エンティティタイプ 会社/関係。
デフォルト 複数のスコアカードのうち特定のスコアカードがデフォルトとしてマークされているかどうかを示すフラグ。
変更者 スコアカードを最後に変更したユーザー。
修正日 スコアカードが変更された日付。
名前 スコアカードの名前。

スコアカードのメジャー 

このオブジェクトは、スコアカードモジュールにメジャーを格納するために使用されます。たとえば、レポートで使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクティブ 特定のスコアカードが使用されているかどうかを示すフラグ。
作成者 スコアカードを作成したユーザー。
作成日 スコアカードが作成された日付。
エンティティタイプ 会社/関係
入力タイプ 手動/計算された
レベルタイプ メジャー/グループ/積み上げ集計(全体)
変更者 スコアカードを最後に変更したユーザー。
修正日 スコアカードが変更された日付。
名前 スコアカードの名前。

スコアリングスキームの定義 

このオブジェクトは、スコアとスコアバンドの定義をスコアカードモジュールに保存するために使用されます。たとえば、レポートで使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクティブ スキーム定義が使用されているかどうかを示すフラグ。
カラー スキーム定義のために定義されています。
作成者 スコアカードを作成したユーザー。
作成日 スコアカードが作成された日付。
削除済み スキーム定義が削除されたかどうかを示すフラグ。
ラベル スコアを抽出する範囲(例:スコアが55の場合、定義された範囲は50 -75とすることができる)。
変更者 スコアカードを変更したユーザー。
修正日 スコアカードが変更された日付。
名前 スコアの名前
範囲の最初の値 スコアカードに割り当てられた範囲の最初の値。
範囲の最後の値 スコアカードに割り当てられた範囲の最後の値。
スコア スコア値。

統一スコアカードファクト-会社

各会社に複数のスコアカードを割り当てることができます。各スコアカードには、個々のスコアで割り当てられた複数のメジャーがあります。特定のスコアカードから継承された特定の会社の各メジャーの各スコアの記録がこのオブジェクトに保存されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクティブ 特定のスコアカード事実がアクティブである場合、スコアカードが少なくともに割り当てられている場合を意味します
コメント 特定の会社のスコアカードのスコアを変更中に入力されたコメント。
会社ID 関連付けられたスコアカードを持つ会社のGSID。
作成者ID スコアを手動で作成したユーザーのGSID。ルールによって作成された場合は、システムユーザーのIDを入力します。
作成日 このオブジェクトでレコードが作成された日付。
現在のスコアID 現在のスコア値を取得するスコアリング スキーム定義オブジェクトからのスコア ID
ID 各レコードの一意のIDを入力します。1、2、3、....で始まります。
メジャー ID メジャーのGSIDを格納し、スコアカードマスターオブジェクトからフェッチされます。このオブジェクトからスコアカードの詳細を取得します。
変更者ID スコアを更新せずにスコアカードを最後に手動で変更したユーザーのGSID(例:コメント)。ルールによって変更された場合、システムユーザーIDが入力されます。
修正日 スコアを更新せずに、スコアカードが最後に変更された日付(例:コメント)。
前のスコアID 前のスコア値を取得するスコアリング スキーマ定義オブジェクトからのスコアの ID
スコア 変更日 スコアが最後に変更された日付。
スコア変更者ID 最後にスコアを手動で変更したユーザーのGSID。ルールによって変更された場合、システムユーザーIDが入力されます。
スコアカードID スコアカードのGSIDを格納し、スコアカードマスターオブジェクトから取得されます。このオブジェクトからスコアカードの詳細をを取得します。
トレンド スコアのトレンド。アップまたはダウンまたはニュートラル。それぞれ1、-1、0として格納されます。

統一されたスコアカードの事実関係

各関係に複数のスコアカードを割り当てることができます。各スコアカードには、個々のスコアで割り当てられた複数のメジャーがあります。特定のスコアカードから継承された特定の関係の各メジャーの各スコアの記録がこのオブジェクトに保存されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクティブ 特定のスコアカード事実がアクティブである場合、スコアカードが少なくとも1つの関係に割り当てられていることを意味します
コメント 特定の関係のスコアカードのスコアを変更中に入力されたコメント。
会社ID 関連付けられたスコアカードを持つ会社のGSID。
作成者ID スコアを手動で作成したユーザーのGSID。ルールによって作成された場合は、システムを使用します。
作成日 このオブジェクトでレコードが作成された日付。
現在のスコアID 現在のスコア値を取得するスコアスキーム定義オブジェクトからのスコアのGSID。
ID 各レコードの一意のIDを入力します。1、2、3、....で始まります。
メジャー ID メジャーのGSIDを格納し、スコアカードマスターオブジェクトからフェッチされます。オブジェクトを取得します。
変更者ID スコアを更新せずにスコアカードを最後に手動で変更したユーザーのGSID(例:コメント)、ルールを介して変更された場合は、システムユーザーIDが入力されます。
修正日 スコアを更新せずに、スコアカードが最後に変更された日付(例:コメント)。
前のスコアID 前のスコアを取得したスコアスキーム定義オブジェクトからのスコアのGSID。
関係ID 関連付けられたスコアカードとの関係のGSID。
スコア 変更日 スコアが最後に変更された日付。
スコア変更者ID 最後にスコアを手動で変更したユーザーのGSID。ルールによって変更された場合、システムユーザーIDが入力されます。
スコアカードID スコアカードのGSIDを格納し、スコアカードマスターオブジェクトから取得されます。オブジェクトスコアカードの詳細を取得します。
トレンド スコアのトレンド。アップまたはダウンまたはニュートラル。それぞれ1、-1、0として格納されます。

スコアカードタイムラインマッピング

特定のスコアカードからメジャーに作成されたタイムラインアクティビティの詳細。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アカウントID スコアカードからのタイムラインアクティビティエントリが関連付けられている会社のGSID。
アクティビティID アクティビティタイプのコメントをログ中にスコアカードからメジャー用に作成されたタイムラインアクティビティのGSIDを格納します。
自動 タイプのアクティビティのコメントがスコアカードのルール(自動)を介して記録されているかどうかを表します。- 正/誤
コメント スコアカードからメジャー用に作成されたタイムラインアクティビティに入力されたメモで、このオブジェクトにコメントとして保存されます。
作成者ID スコアカードからメジャーのアクティビティを作成したユーザーの場合は、GSID。
作成日 スコアカードからメジャーのアクティビティが作成された作成日付。
削除済み 正/誤。アクティビティタイプのコメントが削除されたかどうかを格納します。
ファクト ID 各レコードに作成された一意のFact Idは、1,2、3、...で始まります。
ID このオブジェクトの各レコードに作成された一意のIDは、1、2、3、...で始まります。
メジャー ID メジャーのGSIDを格納し、スコアカードマスターオブジェクトからフェッチされます。オブジェクトを取得します。
変更者ID スコアを更新せずにスコアカードを最後に手動で変更したユーザーのGSID(例:コメント)。ルールによって変更された場合、システムユーザーIDが入力されます。
修正日 スコアを更新せずに、スコアカードが最後に変更された日付(例:コメント)。
関係ID スコアカードからタイムラインアクティビティエントリが関連付けられている関係のGSID。
スコア ID メジャースコア値を取得するスコアリングスキーム定義オブジェクトからのスコアの GSID を格納します。
スコア 変更日 スコアが最後に変更された日付。
スコア変更者ID 最後にスコアを手動で変更したユーザーのGSID。ルールによって変更された場合、システムユーザーIDが入力されます。
スコアカードID タイムラインアクティビティエントリがログに記録され、スコアカードマスターオブジェクトから取得されたスコアカードのGSIDを格納します。オブジェクトからスコアカードの詳細を取得します。

調査モジュールオブジェクト

ここでは、調査モジュールで使用される最も重要なGainsight オブジェクトのいくつかについて説明します。 

調査ユーザーの回答 

このオブジェクトは、調査モジュールの調査質問に回答した回答に関する情報を保存するために使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
回答ID 調査ユーザーアンサーオブジェクトからの調査回答の一意のID。
回答ランク ランキング質問の回答のシーケンス番号。
回答テキスト 回答のコメントを保存します。
参加者ID 調査参加者オブジェクトからの参加者の一意のID。
質問ID 調査質問オブジェクトからの質問の一意のID。
回答日* 応答が応答された日付。
調査ID 調査ビューオブジェクトからの調査の一意のID。

*調査に一部回答した場合、回答日は最後に調査に一部回答した日付となります。

調査翻訳 

このオブジェクトは、調査モジュールで調査が多言語である場合に、調査データの翻訳に関する情報を保存するために使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
回答ID 調査ユーザーアンサーオブジェクトからの調査回答の一意のID。許可された各回答のID。
カテゴリ 翻訳された調査のカテゴリ: 静的テキスト/調査/質問/ライブラリの質問/許可された回答。
コード 静的テキストの単純な一意の識別子。
言語ID 管理者によって作成された言語の一意のID。
ライブラリ質問ID ライブラリ質問オブジェクトからの一意のID。
調査ID 調査ビュー オブジェクトからの一意の ID。
調査質問ID 調査質問オブジェクトからの一意のID。

調査質問ライブラリ 

このオブジェクトは、調査モジュールの複数の調査で使用できる再利用可能な質問に関する情報を保存するために使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクティブ ライブラリの質問がアクティブかどうかを示すフラグ。アクティブなクエリーのみを使用できます
コメントを許可 ライブラリの質問でコメントを挿入できるかどうかを示すフラグ。 
コメントラベル コメントボックスにコメントを追加する前に表示されるコメントボックスのラベル。
表示順序 調査の設定中に、ライブラリの質問の順序を表示します。
レポートラベル フラット化オブジェクトのレポートのライブラリ質問のラベル。
セレクター 単一選択項目または複数選択項目のいずれかを選択するためのさまざまな種類のオプションを格納する。例:ラジオ/チェックボックスを選択します。
タイトル ライブラリの質問のタイトルを格納します。
タイプ 質問の種類を保存:シングルセレクト/マルチセレクト/NPS®。
フォルダー ID ライブラリの質問が保存されている調査 フォルダー オブジェクトのフォルダーの一意の ID。

新調査のページ 

このオブジェクトは、調査モジュールの調査ページに関する情報を保存するために使用されます。 

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
表示順序 調査ページの順序を表示します。
タイトル 調査ページのタイトルが格納されます。

調査の質問 

このオブジェクトは、調査モジュールの調査で使用される調査質問に関する情報を保存するために使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクティブ 質問がアクティブかどうかを示すフラグ。アクティブな質問のみを使用できます。
コメント許可(ブール値) 質問がコメントを挿入できるかどうかを示すフラグ。
コメントラベル コメントボックスにコメントを追加する前に表示されるコメントボックスのラベル。
表示順序 調査の構成中の質問の表示順序。
ページID 特定の質問が使用されるページの一意のID。
レポートラベル 任意の平面化オブジェクトのレポートの質問のラベル。
選択 単一選択項目または複数選択項目のいずれかを選択するためのさまざまな種類のオプションを格納する。例:ラジオ/チェックボックスを選択します。
調査ID 調査ビュー オブジェクトからの一意の ID。
タイトル 調査質問のタイトルを保存する。
タイプ 質問の種類を保存:シングルセレクト/マルチセレクト/NPS®。

調査フォルダ 

このオブジェクトは、調査モジュールで複数のライブラリの質問を保存するために使用される調査フォルダーに関する情報を保存するために使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
名前 いくつかのライブラリの質問を格納する調査フォルダの名前

調査ビュー 

このオブジェクトは、各調査の情報を調査モジュールに保存するために使用されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
内部提出を許可する (ブール値) サーベイが内部提出を許可するかどうかを示すフラグ(他のユーザーを代表する内部従業員)。
カテゴリ 調査のカテゴリを保存する匿名/非匿名/部分匿名
コード 調査を識別するためのシンプルな一意のコード。
説明 調査の説明。調査ページにヘッダーとして表示されます。
終了日 調査の有効期限(参加者が調査に回答しなければならない日付)。
エンティティタイプ 会社/関係
最後の回答の追跡日 調査が最後に回答された日時を保存。
リンク有効期限 調査リンクが有効になっている日数(調査の有効期限が切れた日数)を保存します。
名前 名前は必須です。調査にタイトルを割り当てないと、エンドユーザーに表示されます。
NPS®調査(ブール値) 調査がNPS®タイプであるかどうかを示すフラグ。調査にNPS®の質問がある場合は、そのとおりです。
所有者ID 調査を作成した所有者の一意のID。
部分的提出日数 部分的に保存された調査が部分的に回答された日数。
公開日 調査を送信するために公開された日付。
公開 URL 調査のサイト URL。
質問数 調査の質問数。
関係タイプID 関係タイプの一意の ID。
開始日 調査を開始するために公開できる日付。調査が公開されていない限り、配信チャンネルに送信することはできません。
ステータス 調査のステータス:デザイン/公開/クローズ (期限切れ)。
タイトル タイトルUIでの表示名であり、エンドユーザーの応答ページで調査タイトルとして表示されます。
調査のタイプ トランザクション (特定のコンテキストで送信される調査)/非トランザクション

NPS®調査回答

このオブジェクトはNPS® 調査とその回答に関する情報を調査モジュールに保存するために使われます。 

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
コメント NPS® のコメント
会社ID 調査が関連付けられている会社オブジェクトの一意の ID。
会社個人ID 会社の個人オブジェクトからの一意の ID、会社に関連付けられた参加者の詳細。
メール 調査参加者オブジェクトから取得される参加者のメールID。
言語ID エンドユーザーが応答した言語の詳細。
名前 参加者の名前。
NPS®スコア 調査の NPS®スコア。
参加者ID 調査参加者オブジェクトから取得した参加者の一意のID。
個人ID 個人オブジェクトからの一意のID。
関係ID 調査が関連付けられている関係オブジェクトの一意の ID。
関係者ID 関係者オブジェクトからの一意の ID、関係に関連付けられた参加者の詳細。
回答日 NPS®調査に回答された日付。
スコアタイプ NPS® 調査のスコアタイプ: 推奨者/批判者/受動的
センチメント センチメントは、調査コメントの分析から保存されます。
調査ID 調査の詳細を取得するのに役立つ、調査ビューオブジェクトからの一意のID。
True NPS® NPS®応答の値100 (推奨者) / 0 (受動的) / -100 (批判者) を保存します。このフィールドの値を平均して、参加者/会社の属性によって分類されたTrue NPS®を計算します。

調査許可された回答

このオブジェクトは、調査モジュールの任意の調査でサポートされている回答の数に関する情報を保存するために使用されます (NPS® 調査の場合、許可される回答の数は 11 (0 から 10) です)。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
回答スコア 各回答に割り当てられたスコア。
表示順序 調査に表示される回答の表示順序。
その他のオプション(ブール値) 調査の質問にその他のオプションがあるかどうかを示すフラグ (真/偽)。
調査ID 調査の詳細を取得するのに役立つ、調査ビューオブジェクトからの一意のID。
調査質問ID 調査の質問詳細を取得するのに役立つ、調査質問オブジェクトからの一意のID。
タイトル 回答のタイトル。

調査テキスト分析 

このオブジェクトは、調査コメントに適用される分析に関する情報を調査モジュールに保存するために使われます。 

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アスペクトシステム 調査コメントを動的に分析し、ランダムなアスペクトを提供します (例:システムが調査コメントに「コックピット」を特定すると、アスペクトは「コックピット」になります。
アスペクトグループ アスペクトの論理グループ。例:アスペクト「ビジネスパートナー」と「ビジネスニーズ」は、これらを一緒に分類する論理的な方法であるため、「ビジネス」アスペクトグループに統合されます。
会社ID 会社の詳細を取得する会社オブジェクトからの一意のID。
NPS®回答ID NPS®調査に関する詳細を取得するNPS® 調査回答オブジェクトからの一意のID。
実行日 分先が調査コメントに適用された日付。
センテンス 各センテンスを調査コメントに保存します。
センテンスカテゴリ ポジティブ、ネガティブ、又はシステムが動的に分類する提案のいずれかを保存します。
調査ID 調査の詳細を取得するのに役立つ調査の一意のID。
調査ユーザー回答ID 各ユーザーから調査回答の詳細を取得する調査ユーザー回答オブジェクトからの一意のID。
参加者ID 調査参加者オブジェクトからフェッチされた参加者の一意のIDであり、調査参加者の詳細を取得するのに役立ちます。

調査参加者

このオブジェクトは調査モジュールに調査参加者の詳細を保存するために使われます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
AO参加者ID 調査がジャーニー オーケストレーター から送信された場合、AO参加者オブジェクトからの参加者の一意のID。
会社ID 調査が関連付けられている会社の詳細を取得する会社オブジェクトからの一意のID。
配布チャネル 調査が配布されるチャネル: AO (プログラム)/メールアシスト/任意の匿名チャンネル
メール 参加者のメールID。
外部ID 参加者の詳細が取得される時の参加者の外部ID。
外部ソース 調査移行時の参加者の外部ソース: Salesforce又はSurveyMonkeyのいずれかです。
ファーストネーム 参加者のファーストネーム。
フルネーム 参加者のフルネーム。
内部質問提出日 エンドユーザーの調査送信に対する調査回答として、調査が別の人によって社内で回答された場合 (例: CSM) への調査回答として内部質問が提出された日付。
送信された内部質問 (ブール値) 内部質問が送信されたかどうかを示すフラグ。(真/偽)
内部質問の送信者 内部質問を送信したユーザーの詳細が保存されます。このフィールドはユーザーオブジェクトから詳細を取得します。
言語ID 参加者が応答した言語の一意のID。
参加者の姓。
最終回答記録時間 参加者が調査に回答した日時。
個人ID この参加者が関連付けられている個人オブジェクトの一意のID。このフィールドは参加者の個人詳細から詳細を取得します。
関係ID 参加者が関連付けられている関係オブジェクトの一意の ID。このフィールドは関係オブジェクトから詳細を取得するのに役立ちます。
回答済み (ブール値) 参加者が特定の調査に回答したかどうかを示すフラグ。
回答者 参加者に代わって調査に回答したユーザーの詳細。このフィールドはルックアップ (内部送信) を介してユーザーオブジェクトを取得します。
回答日 参加者が特定の調査トに回答した日付。
回答ステータス 一部保存済み/一部送信済み/送信済み。
調査ID 特定の調査の詳細を 取得するのに役立つ、調査ビューオブジェクトからの調査の一意のID。
調査開始日 参加者が調査を開始した日付。
調査送信日 調査が参加者に配布される日付。
調査が開始された (ブール値) 調査が参加者によって開かれたかどうかを示すフラグ。
テスト参加者 (ブール値) 参加者に送信された調査がテスト参加者であるかどうかを示すフラグ。
トークン 調査の配布元の一意の識別子。
回答URL このフィールドは調査参加者から提供された調査回答を表示するのに役立ちます。
注:このURLは参加者が調査に回答したとき (送信時) にのみ入力されます。

調査PX実行ログ

このオブジェクトは調査モジュールに調査PX実行ログの詳細を保存するために使われます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
作成日 データタイプは日時です。レコードがいつ作成されたかを示します。
削除済み 調査PX実行ログが削除されているかどうかを示すフラグ。
メール データ型のメールです。ユーザーのメール アドレスを収納します。
エンゲージメントID エンゲージメントの一意の識別子。
エラーメッセージ 失敗した応答ごとにエラー メッセージが表示されます。
イベント日付 調査PXエンゲージメントイベントが実行された日付。
イベントID 調査PXエンゲージメントイベントの一意の識別子。
イベント名 調査PXエンゲージメントイベントの名前。
イベントタイプ 調査PXエンゲージメントイベントのタイプ。
実行ID 調査PXエンゲージメントイベントを実行するための一意の識別子。
GSID ユーザーレコードの GSID。例えば、関係又は会社のCSMには、ユーザー オブジェクトのこの記録へのルックアップがあります。
修正日 データタイプは日時です。記録が最後に変更された日付が表示されます。
PXユーザーID PXユーザーの一意の識別子。
追加の質問 調査で追加された質問数。
失敗した質問数 調査で失敗した質問数。
リクエストID Sumologicログを調べて、そのリクエストの一部として何が起こったのかを把握するのに役立つ一意の識別子。
再試行回数 参加者が調査への回答を試行した回数。
ステータス 調査のステータス: デザイン/公開/クローズ (期限切れ)。

言語

このオブジェクトは調査モジュールに言語の詳細を保存するために使われます。 

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクティブ 言語がアクティブかどうかを示すフラグ。
コード 言語に使用される一意の識別子。
作成者 言語を作成したユーザーID。
作成者名 言語を作成したユーザー名。
削除済み 言語が削除されたかどうかを示す削除済みフラグ。
表示順序 調査の構成中の質問の表示順序。
GSID この言語に関連付けられた会社/関係の一意のGSID。
ISOコード ISOコードの一意の識別子。
変更者 言語を最後に変更したユーザーID。
修正日 言語が最後に変更された日付。
名前 言語コードを保存するために使われます。
ソース 調査移行時の参加者のソース。

調査監査記録

このオブジェクトは調査モジュールに調査監査ログの詳細を保存するために使われます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクションタイプ 調査のアクションタイプ (トランザクション/非トランザクション)
作成者 調査監査ログを作成したユーザーID。
作成者名 調査監査ログを作成したユーザー名。
作成日 調査監査が作成された日付。
削除済み 調査監査ログが削除されているかどうかを示すフラグ。
ログID 監査を記録した個人の一意のID。
変更者 監査ログを最後に変更したユーザーID。
変更者名 監査ログを最後に変更した名前ユーザー名。
修正日 監査ログが最後に変更された日付。
参加者ID 調査参加者オブジェクトからの参加者の一意のID。
個人ID 個人オブジェクトの一意のID。
調査ID 調査ビューオブジェクトからの調査の一意のID。

CSAT 調査回答MDAオブジェクト

このオブジェクトは調査2.0モジュールのCSATサーベイの質問への回答に関する情報を保存するために使われます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
コメント CSAT調査への回答コメント。
会社ID 調査が関連付けられている会社オブジェクトの一意の ID。
会社個人ID 会社の個人オブジェクトからの一意のID、会社に関連付けられた参加者の詳細。
作成者 CSAT調査を作成したユーザーID。
作成日 データタイプは日時です。CSAT調査がいつ作成されたかを示します。
CSATパーセント CSAT調査の割合。
CSATスコア 調査のCSATスコア。
削除済み CSAT調査が削除されたかどうかを示す削除済みフラグ。
メール 調査参加者オブジェクトから取得される参加者のメールID。
外部ID 参加者の詳細が取得される時の参加者の外部ID。
外部ソース 調査移行時の参加者の外部ソース: Salesforce又はSurveyMonkeyのいずれかです。
GSID ユーザーレコードの GSID。例えば、関係又は会社のCSMには、ユーザー オブジェクトのこの記録へのルックアップがあります。
言語ID エンドユーザーが応答した言語の詳細。
変更者 調査を最後に変更したユーザーID。
修正日 データタイプは日時です。調査 が最後に変更された日付が表示されます。
名前 参加者の名前。
参加者ID 調査参加者オブジェクトから取得した参加者の一意のID。
個人ID 個人オブジェクトの一意のID。
質問ID 調査質問オブジェクトからの質問の一意のID。
関係ID 調査が関連付けられている関係オブジェクトの一意の ID。
関係者ID 関係者オブジェクトからの一意の ID、関係に関連付けられた参加者の詳細。
回答日 CSAT調査に回答した日付。
調査ID 調査の詳細を取得するのに役立つ、調査ビューオブジェクトからの一意のID。
ユーザー回答ID 調査ユーザー回答オブジェクトからの一意のID。
役割 調査回答を送信する際の参加者の役割
スコアタイプ

CSAT調査のスコア タイプ:可能な値は次の通りです:

  • 満足 (CSATスコアが4または5の場合)
  • どちらでもない (CSATスコアが3の場合)
  • 不満足 (CSATスコアが1または2の場合)

リニューアルセンターオブジェクト

ここでは、リニューアルセンターモジュールで使われる最も重要なGainsightオブジェクトのいくつかについて説明します。 

GSオポチュニティ

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
変更金額 予測金額 – オポチュニティが開かれているときの目標金額。最終金額 - オポチュニティがクローズしている時の目標金額 (クローズ勝ちまたはクローズ負け)
クローズ日 商談のクローズが予想される日付。このフィールドは SFDC から同期されます。
会社 オポチュニティが関連付けられているGainsightにある会社のGSID。
削除済み オポチュニティが削除されたときに、TrueまたはFalseとしてマークされます。 削除されたオポチュニティは、コネクタを介して SFDC から Gainsight に同期されます。
説明 オポチュニティの説明。このフィールドは SFDC から同期されます。
DS予測額 Gainsightでのデータサイエンス計算によって導き出されたオポチュニティの予測額。
DS可能性スコア Gainsightのデータ サイエンスの計算によって導き出されたオポチュニティを獲得する確率スコア。
DSスコアの更新日時 データサイエンスの計算によってスコアが最後に導き出された日時。オポチュニティに変更があると、データサイエンスがトリガーされ、計算によってスコアを更新する。
期日 更新オポチュニティの期日。このフィールドは更新期限と更新率のサマリー計算をサポートします。この日付は更新が早いか遅いかを、比較して計算するために使用されます。
期待予測値 予測金額と確率 (%) の乗算によって入力される期待予測通貨値。
外部ID オポチュニティのSFDC ID。このフィールドは SFDC から同期されます。
最終金額 オポチュニティが終了した際の正式な金額。この金額は更新の価値が増加したか (アップセル)、価値が減少したか(ダウンセル)を計算するために、ターゲットオポチュニティと比較されます。
予測額 予測される年間経常収益 (ARR) 又は月間経常収益 (MRR)
予測カテゴリ 予測カテゴリの名前。各オポチュニティステージは、システムが定義した特定の予測システムに関連付けられています。このフィールドは SFDC から同期されます。
GS予約タイプ 更新、アップセル、ダウンセルのいずれかが収納されます。予約タイプはGainsightカテゴリを使い、更新、アップセル、ダウンセルの機会を特定します。
ラインアイテムあり オポチュニティが現在のアイテムであるかどうかを示します。このフィールドはSFDCから同期されます。
推測される予約タイプ 5つの値が収納されます。更新、アップセル、ダウンセル、更新を伴うアップセル、更新を伴うダウンセル。値の変更に応じてそれぞれ正、負、又はゼロ。
名前 オポチュニティの名前。このフィールドは SFDC から同期されます。
次のステップ オポチュニティをクローズする際の次のタスクの説明。このフィールドは SFDC から同期されます。
オポチュニティオーナー オポチュニティを作成したユーザーのGSID。
確率 (%) 各オポチュニティステージに関連付けられた確率スコア (%)。
レコードタイプ オポチュニティステージのセットを制御するのに役立つタイプ (例:オポチュニティステージの1セット:更新、アップセル、ダウンセル)。レコードタイプはSFDCから同期されます。
ステージ このオポチュニティーレコードの現在のステージ。このフィールドは SFDC から同期されます。
目標額 オポチュニティの目標更新ドル額。このフィールドは「更新期限」のサマリー計算をサポートします。「更新期限」は総更新率と正味更新率の計算の分母です。
タイプ オポチュニティの種類。例えば、既存のビジネスまたは新しいビジネス。このフィールドはSFDCから同期されます。

GSオポチュニティステージ

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクティブ このフィールドはオポチュニティステージの値がアクティブ (True) であるか、そうでない (False) かを示します。非アクティブオポチュニティステージはドロップダウンでは利用不可で、履歴目的でのみ保持されます。
ApiName オポチュニティステージのドロップダウン値を一意に識別するため、IDを使用せずに取得できます。
クローズ このフィールドは、オポチュニティステージの値がクローズされたオポチュニティを表すかどうかを示します(True) か否か (False) 。複数のオポチュニティステージの値は、クローズされたオポチュニティを表すことができます。
DefaultProbability (%) オポチュニティステージ値のための特定のオポチュニティをクローズする信頼度のデフォルトの推定パーセンテージ。
削除済み オポチュニティステージが削除されたときに、TrueまたはFalseとしてマークされます。
説明 オポチュニティステージに追加された説明。
外部ID Salesforceから同期されたオポチュニティステージのSFDC ID。
予測カテゴリ オポチュニティステージ値のデフォルトの予測カテゴリ。予測カテゴリによってオポチュニティが追跡され、売り上げ予測で合計するかが自動的に決定されます。
MasterLabel 商談ステージ値のマスター ラベル。
SortOrder オポチュニティステージのドロップダウンでオポチュニティステージの値を並べ替えるために使用される番号。
成約 この項目は、商談ステージの値が成立した商談を表すか (True)、否か (False) を示します。 複数の商談ステージ値は、成立した商談を表すことができます。

GSオポチュニティ予測

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
削除済み 予測レコードが削除されたときに、TrueまたはFalseとしてマークされます。
説明 このオブジェクトの各予測レコードに追加される説明。
DS予測額 Gainsightでのデータサイエンス計算によって導き出されたオポチュニティの予測額。
Ds可能性カラー Gainsightのデータサイエンスによって得られた各スコアに関連付けられた6色の コードを収納します。
DS可能性スコア Gainsightのデータ サイエンスの計算によって導き出されたオポチュニティを獲得する確率スコア。
オポチュニティ オポチュニティのGSIDを関連するデータサイエンス予測値と共に保存します。

GS レコードタイプ

全てのフィールドのデータがSFDCから同期されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクティブ このフィールドはレコードタイプの値がアクティブ (True) であるか、そうでない (False) かを示します。非アクティブなレコードタイプは履歴目的のみです。
削除済み レコードタイプが削除されたときに、TrueまたはFalseとしてマークされます。
説明 各レコードタイプに追加される説明。
外部ID Salesforceから同期されたレコードタイプのSFDC ID。
GSオブジェクト名 レコードタイプが関連付けられているGainsightオブジェクトの名前 (リニューアルセンターのGSオポチュニティ)。
名前 オポチュニティステージを追加する際のユーザー インターフェイスのレコード タイプのラベル。
SObjectタイプ レコードタイプが関連付けられているSalesforceオブジェクトの名前 (リニューアルセンターのオポチュニティ)

C360 > スポンサートラッキングオブジェクト

ここでは、C360 > スポンサートラッキングモジュールで使われる最も重要なGainsightオブジェクトのいくつかについて説明します。 

スポンサートラッキング

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
変更済み (ブール値) True または False
変更された情報 (古い値) から (新しい値) に変更されます。プロファイルに変更がある場合、このフィールドに対するJson docとして保存されます。
連絡先ID N/R
削除済み (True または False):スポンサーが削除された場合
エンティティタイプ 会社または関係
承認済の最終変更の詳細 前のバージョンから最新への変更の詳細。
最終変更者 特定のスポンサーに変更を加えたユーザー
最終変更日 特定のスポンサーが最後に変更された日付
LinkedIn URL LinkedIn の URL
個人ID GS内の個人のGSID
写真のURL 写真のリンクされたURL
関係ID GS内の関係のGSID。
sfdcアカウントID N/R
Sfdc ID N/R
SFDC関係ID N/R
ソーシャルプロファイル URLの配列 (FB、Twitter 等)
ソースタイプ N/R
スポンサーの氏名 LinkedInから取得した氏名
ステータス トラック又は保留中又は一致が見つかりました

スポンサートラッキングのログ

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
変更された属性 プロファイルが更新されたときに変更が存在するか - 正/誤
companyId 会社の GSID
削除済み (True または False):スポンサーが削除された場合
エンティティタイプ 会社または関係
個人ID GS内の個人のGSID
関係ID Gainsight関係のGSID
スポンサートラッキングID スポンサートラッキングオブジェクト内のスポンサーのGSID

Shared 360オブジェクト

Gainsightオブジェクトの共有されたユーザーShared 360で使用される詳細は、ここで説明されています。

ユーザー共有詳細

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
ユーザー共有ID 外部共有リンクのユーザー (受信者) のGSID。
ユーザー共有ID 外部共有リンクのユーザー (送信者) のGSID。
会社ID 各共有リンクが関連付けられている会社のGSID。
関係ID 各共有リンクが関連付けられている関係のGSID
関係タイプID 関係が属する関係タイプのGSID。
トークンステータス ACTIVE、REVOKE、及びBLOCKEDは、外部共有リンクがアクティブであるか、送信者による外部ステータスか、複数回の間違ったパスワード入力後にシステムによってブロックされたかに応じて異なります
トークンの有効期限 外部共有リンクの有効期限。
リンク送信ステータス ユーザーへのメール配信のステータス。
コメント リンクが取り消された、又はブロックされた理由が収納されます。
表示されたリンク リンクが表示/クリックされた回数を保存します
削除済み 外部リンク共有インスタンスの削除ステータスを収納します。
作成日時 リンクの作成日を保存しいます。
配布タイプ Shared 360から共有するためのADHOC又はJO、又はJOプログラムを介してそれぞれ。
変更日 リンクの変更日を保存しいます。
GSID このオブジェクトの各レコードを識別する一意のID。
Revoked_expiry (UIでは使用できません) リンクが取り消された日付
Blocked_expiry (UIでは使用できません) リンクがブロックされた日付

会社インテリジェンス オブジェクト

このセクションでは、会社インテリジェンスモジュールで使われる最も重要なMDAオブジェクトのいくつかについて説明します。

会社インテリジェンスアクションオブジェクト  

このオブジェクトは会社インテリジェンスの投稿で実行されたアクションに関する情報を保存します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
アクションタイプ ユーザーが投稿に対して行ったアクションのタイプ。CTA又はタイムラインアクティビティ作成のいずれか。
作成日 ユーザーがアクションを作成した日付。
GSID テーブルの一意の識別子。
修正日 アクションがユーザーによって最後に変更された日付。
ソース ニュース投稿のアクションが作成されるソースを示します。Slack 又は C360いずれか。
アクティビティID 関連するアクティビティのID。
CTA ID 作成または終了されたCTAの一意のGSID。
作成者 アクションを作成したユーザー名。
変更者 作成されたアクションを最後に変更したユーザー名。

会社インテリジェンス構成  

このオブジェクトは管理者が行った会社インテリジェンス構成に関する情報を収納します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社タイプ 構成の作成中に行われる選択のタイプ。可能なオプションはフィルター済/全て。
作成日 会社インテリジェンス機能の構成が作成された日付。
説明 構成された会社の簡単な説明。
GSID テーブルの一意の識別子。
修正日 会社インテリジェンス構成が最後に変更された日付。
名前 作成された構成名。
URLフィールド 構成内の会社を簡単に識別するために提供されるURL。
会社 構成に追加された会社の一覧。
作成者 構成を作成したユーザー名。
変更者 構成を最後に変更したユーザー名。
シグナル 投稿を受信するように構成されたシグナルのタイプ。

会社インテリジェンス構成履歴

このオブジェクトには、特定の日に追加された会社数と削除された会社数の履歴に関する情報が保存されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
追加された会社 構成に追加された会社の総数。
削除された会社 構成から削除された会社の総数。
解散済みの会社 構成の一部として解散された会社の総数。
作成日 現在のレコードが作成された日付。これは構成で発生した変更を取り込む履歴データです。 従って、これには構成の状態を示すレコードが含まれます。
イベント名 構成の作成、更新、日次スケジューラのトリガー等の構成の変更を示します。
GSID テーブルの一意の識別子。
ステータスの保存 構成のステータスを表示します。
全ての会社 構成に追加された会社の総数には以下が含まれます; 解散済み、マップ済及び削除済。
作成者 構成を作成したユーザー名。
オプトインID 構成を区別するために使われる一意のID。

会社インテリジェンスマッピング

このオブジェクトには、構成中に追加された会社のステータスに関する情報が収納されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社ドメイン 構成された会社のドメイン。
マッピングステータス マッピングされているかどうかに関わらない会社のステータス。
見つからない理由 会社のマッピング時に会社が見つからない場合に提供される理由。
オプトインのメモ 管理者が会社のマッピングレコードに追加したメモで、会社の検索に役立ちます。
会社ID 会社の一意のGSID。
オプトインID 構成を区別するために使われる一意のID。

会社インテリジェンスニュース投稿

このオブジェクトはマップされた会社の、構成されたシグナルごとに受信したニュース投稿の総数に関する情報を保存します。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
コンテンツ ニュース投稿の内容。
作成日 会社インテリジェンスニュース投稿が受信された日付。
GSID テーブルの一意の識別子。
プル済み ニュース投稿がプッシュされているか、事前に入力されているかを示します。
リンク 受信した会社インテリジェンスニュース投稿のリンク。
修正日 会社インテリジェンスニュース投稿が最後に変更された日付。
公開日 会社インテリジェンスニュース投稿が外部ソースで公開された日付。
発行者 会社インテリジェンスニュース投稿を発行したソース名。
タイトル 会社インテリジェンスニュース投稿のタイトル。
アクション ニュース投稿に対して実行されたアクションのタイプ。
会社 構成されている会社の一覧。
作成者 ニュース投稿に対してアクションを起こしたユーザー名。
変更者 アクションを最後に変更したユーザー名。
シグナル ニュース投稿の対象となるシグナルのタイプ。

会社インテリジェンスプラットフォーム

このオブジェクトには、Slack、メール、C360等のプラットフォームでの会社インテリジェンス機能の使用に関する情報が保存されます。

次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
GSID テーブルの一意の識別子。
構成済み 会社が会社インテリジェンス投稿用に構成されているかどうかを示します。
プラットフォーム名 Slack, メール, 又は C360のように会社インテリジェンス機能が使用されるプラットフォームの名前。

 

NPS、ネットプロモーター、ネットプロモータースコアは、Satmetrix Systems, Inc.、ベインアンドカンパニー、フレッドライヒヘルドの登録商標です。

コネクタオブジェクト

ここでは、コネクタモジュールで使われる最も重要なGainsightオブジェクトのいくつかについて説明します:

ケース

これは、サポートチケットデータをテナントに収納する標準オブジェクトです。

フィールド名 説明
会社ID 会社IDに関連付けられたケース。このフィールドには、会社オブジェクトのGSIDフィールドが参照されます。
ケースタイプ ケースのタイプ (問題、インシデント、質問など) に関する情報を収納します。
ケースの優先度 ケースの優先度 - 高、中、又は低。
ケース親ID ケースの親ID。
ケースの説明 チケットの説明。
ソースの変更日 ソースの最終変更日。
ソースID メール、電話、チャット等のチケットのソース。
外部システムID ソースにあるケース レコードの一意のID。
リクエスタID リクエスタに付与されたGS ID。
担当者ID ユーザー IDに関連付けられたケース。 このフィールドには、ユーザーオブジェクトと関係オブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
ケースの解決日 ソースでケースが解決済みとしてマークされた日付。
関係ID 関係オブジェクトのGSIDフィールドを参照します。
リンクの問題あり リンクの問題があるかどうかを示します。このフィールドはブールデータ型 (True / False) です。
ソースインスタンスID コネクタが認証されるソース接続のインスタンス識別子。
作成日 Gainsightでケースが作成された日時。
ソースでの作成日。 ソースでケースが作成された日時。
チケットURL ソースのケース レコードの URL。
ソース組織ID チケットのソース組織ID。
GSID ケースレコードのGSID。
外部ID ソースのチケット番号。
ケースステータス オープン、進行中、クローズなどのケースの現在の状態。
ソースタイプ このケースレコードがZendesk、Freshdeskなどに挿入されるコネクタタイプ。
修正日 Gainsight での最終変更日。
ケース件名 ケースの件名。

注: 

任意のジョブ作成の宛先に追加するためにGainsightオブジェクトを選択している間は、ケースオブジェクトのみを選択します。ケース関連付けケース編成マッパーケースレベルCTA 等のその他のオブジェクトは参照オブジェクトと見なされ、ジョブの実行時に自動的に入力されます。

ケース関連付け

このオブジェクトは全てのチケットの情報を保存し、チケット間の関係 (親 - 子) を識別するのに役立ちます (存在する場合)。

フィールド名 説明
関連付けられたケー ID ケースレコードのGSID。このフィールドには、ケースオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります
ソースに関連付けられたID ソースのチケット番号。ケースオブジェクトの外部IDフィールドと同じです。
ソースの親ID 親ケースレコードのソース。
解決済み ケースが解決済みかどうかを示します。このフィールドはブールデータ型 (True / False) です。
ソースインスタンスID コネクタが認証されるソース接続のインスタンス識別子。
GSID ケース関連付けレコードのGSID。
親ケースID ケースが生成された親ケースIDを収納します。
修正日 ケース関連付けの最終更新日が表示されます。
ソースタイプ ケースレコードのコネクタタイプ。
作成日 ケースが作成された日時。

ケースレベルのCTA

このオブジェクトは、Zendeskコネクタ専用に会社に応じて生成されるCTAを指定します。Zendesk Gainsightウィジェットによって生成されたCTAはここに保存されます。

フィールド名 説明
外部チケットID ソースでの外部チケットのID。
ソースインスタンスID コネクタが認証されるソース接続のインスタンス識別子。
修正日 ケースレベルCTAの最終変更日。
GSID このオブジェクトに収納されているCTAのGSID。
CTA ID CTAのGSID。CTAオブジェクトのGSIDフィールドを参照します。
ケース ID ケースオブジェクトのGSIDフィールド
作成日 ケースが作成された日時。

ケース組織マッパー

このオブジェクトには、外部ソース組織とGainsight会社間のマッピング情報が含まれています。

フィールド名 説明
ソースインスタンスID コネクタが認証されるソース接続のインスタンス識別子。
GS会社ID 会社記録のGSID。このフィールドには、会社オブジェクトのGSIDフィールドが参照されます。
GS会社名 Gainsightでの会社名。
GS関係ID GS関係ID。
GS関係名 GS関係名
ソース組織ID 外部システムのソース組織ID。
ソース組織名 ソース組織名。
作成日 ケース編成マッパーの作成日。
修正日 ケース編成マッパーの最終更新日。
GSID レコードのGSID。

会社Teamsオブジェクト

このシステムオブジェクトは、Teams機能で使用されます。 このオブジェクトを使ってレポートを作成し、各会社のユーザーリストを表示することができます。次の表に、このオブジェクトで使用することができるデータフィールドを示します:

フィールド名 説明
会社アクセスレベル Gainsightのアクセスレベル。
会社のGSID 会社のGainsight Identification (GSID) 番号。
作成日時 レコードが作成された日時。
作成者 レコードを作成したユーザーのGSID。
削除済み ユーザーがTeamsから削除されているかどうかを表示します:
  • 正しい: ユーザーがチームから削除されます。
  • 誤り: ユーザーはTeamsのから削除されません。
GSID 会社TeamsオブジェクトのGSID。
変更日 レコードの詳細が変更された日時。
変更者 レコードを変更したユーザーのGSID。
ユーザーGSID ユーザーのGSID。
ユーザー管理ロール1 チーム内の割り当てられたユーザーのレベル1マネージャー。
ユーザー管理ロール2 チーム内の割り当てられたユーザーのレベル2マネージャー。
ユーザー管理ロール3 チーム内の割り当てられたユーザーのレベル3マネージャー。
チームの役割 チーム内のユーザーの役割。
ユーザーソース ユーザーが追加されたソース。

統合オブジェクト

統合された会社

このオブジェクトはレコードグループに関連する情報を収納します

フィールド 説明
ID 個別レコードのIDを表示します。
レコードグループID レコードグループのIDを表示します。
エラーコード レコード処理中に発生したエラーを表示
状態

レコードの状態を表示します:

  1. PROMOTED - 標準オブジェクトに昇格されたレコード。
  2. PROCESSED - レコードは正常に処理され、統合システムに存在します。
  3. SYSTEM_FAILED/FAILED - 統合プロセス中にレコードが失敗しました。
リクエストID レコードが変更された最新のリクエストID。
関係識別子ハッシュ 内部関係計算のために維持されるハッシュ。
ソース識別子 レコードのソースオブジェクトを識別します。
会社ID 会社のIDを表示します。
関係ID 関係IDのIDを表示します。
関係タイプID 関係タイプのIDを表示します。
作成者 ユーザーが作成したレコードを表示します。
変更者 ユーザーが変更したレコードを表示します。
修正日 レコードの変更日を表示します。
companySFDC アカウントID 会社のSalesforceアカウントIDを表示します。
companyName 会社名を表示します。
companyIndustry (ドロップダウン) 会社の業種を表示します。
companyStatus 会社のステータスを表示します。
companyStage 会社のステージを表示します。
companyARR 会社の年間経常収益を表示します。
companyMRR 会社の月間経常収益を表示します。
relationshipName 関係の名前を表示します。
companyCompany タイプ 会社のタイプを表示します。

統合された会社の登記

このオブジェクトはレコードグループに寄与する全てのソース値に関する情報を収納します。

フィールド 説明
レジストリ ID レジストリのIDを表示します。
レコードグループID レコードグループのIDを表示します。
状態

統合プロセスのレコード状態を表示します

  1. PROCESSED - レコードは正常に処理されました
  2. PROCESSING - レコードは現在処理中です
  3. CREATED - レコードが作成されました
  4. FAILED - 統合プロセス中にレコードが失敗しました
リクエストID レコードが処理されたリクエストID
作成者 レコードを作成したユーザーの名前が表示されます。
変更者 レコードを更新したユーザーの名前が表示されます。
作成日 レコードが作成された日付を表示します。
修正日 レコードが更新された日付を表示します。
信頼係数 レコードの一致スコアを保存します。
自動化されている レコードが自動化された実行の一部として取得されたかどうかを表示します。
会社のGSID 会社のIDを表示します。

顧客の目標オブジェクト

ここでは、顧客の目標モジュールで使われる最も重要なGainsightオブジェクトのいくつかについて説明します。

顧客の目標オブジェクト

このオブジェクトは会社又は関係に追加された目標に関する情報を保存します。

フィールド名 説明
作成日 目標が作成された日時。
説明 ユーザーが入力した目標の説明
期日 目標の達成が見込まれる期日
エンティティタイプ 目標が会社又は関係で作成されたかどうかを示します
GSID 目標の一意のGSID
修正日 目標レコードが最後に変更された日付。
名前 目標の名前。
会社 目標が作成された会社。会社オブジェクトへのルックアップ
作成者 目標を作成したユーザーによって作成されます。ユーザーオブジェクトへのルックアップ
目標テンプレート 目標の作成に使用されたテンプレート。 顧客目標テンプレートへのルックアップ
変更者 目標レコードを最後に変更したユーザー。ユーザーオブジェクトへのルックアップ。
オポチュニティ 目標が作成されたオポチュニティ。GS 機会 オブジェクトへのルックアップ。必須ではありません
関係 目標が作成された関係。関係オブジェクトへのルックアップ。必須ではありません
関係タイプ 関係タイプの名前 関係に目標が作成されたとき。関係タイプオブジェクトへのルックアップ
ステータス 目標の現在のステータス
カスタムフィールド 管理者が作成した任意のフィールド

顧客目標テンプレート

管理者が目標ライブラリに作成した目標の情報を格納するオブジェクト。

フィールド名 

説明

作成日 ライブラリに目標が作成された日付
説明 管理者がライブラリに入力した目標の説明
期日 目標をライブラリから追加してから期限に到達するまでの日数
GSID ライブラリ内の目標の一意のGSID
修正日 ライブラリの目標記録が最後に更新された日付
名前 ライブラリ内の目標の名前
作成者 目標を作成したユーザー。ユーザーオブジェクトへのルックアップ
変更者 ライブラリ内の目標を最後に変更したユーザー。ユーザーオブジェクトへのルックアップ
ステータス ライブラリ内の目標のステータス

顧客目標の関連付け

このオブジェクトは、目標にに関連付けられた CTA とサクセスプランに情報を格納します。

フィールド名 説明
関連付けられた日付 CTA又はサクセス プランが目標に関連付けられた日付
関連付けタイプ CTA又はサクセスプランオブジェクトへのルックアップを表示するための関連付けタイプ
削除済み

False は、CTA/サクセスプランがまだ目標と関連付けられていることを示します。

Trueは、CTA/サクセスプランが目標と関連付けられなくなったことを示します。

GSID 関連付け記録の一意なGSID
修正日 関連付け記録が最後に更新された日付
作成者 ユーザー CTA/サクセスプランを目標に関連付けた人。ユーザーオブジェクトへのルックアップ
目標 CTA/サクセスプランが関連付けられた目標の名前。顧客目標オブジェクトへのルックアップ
変更者 関連付け記録を最後に変更したユーザー。ユーザーオブジェクトへのルックアップ
関連付けタイプ(Who ID/What IDフィールドが解決される場合) 関連付けタイプが選択されている場合の CTA 又はサクセス プラン オブジェクトのフィールド

製品リクエスト オブジェクト

以下は製品リクエスト オブジェクトです:

エンハンスメント リクエスト オブジェクト 

このオブジェクトは、GSにエンハンスメントリクエストを格納します。これらは、Gainsightの CSM によって提起され、製品ボードにプッシュされる製品リクエストです。

フィールド名 説明
GSID テーブルの一意の識別子。
名前 エンハンスメント リクエストの名前
会社 会社記録のGSID。このフィールドには、会社オブジェクトのGSIDフィールドが参照されます。
関係 関係 オブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
個人 個人記録の GSID。このフィールドは、個人オブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップを持っています。
優先度 エンハンスメント リクエストの優先順位-クリティカル、高、中、又は低。
ソース エンハンスメント リクエストのソース - 顧客からの電話、メール、QBR、コミュニティ、Slack/Microsoft Teams
タグ マルチセレクト タグを追加するためのドロップダウンリスト
ステータス エンハンスメントリクエストのステータス - 審査待ち、承認済み
概要 エンハンスメント リクエストの説明
Gainsight DataPoints Gainsight データポイント には、会社オブジェクト CSM名前 のフィールドが含まれています:CSM メール ID、お客様など。
ビジネスオブジェクティブ エンハンスメントリクエストに関連するビジネスオブジェクティブ
外部ID 製品ボードで作成されたノートの一意の ID
外部URL 製品ボードノートに移動するためのリンク
通貨ISOコード 多通貨テナントの場合、このフィールドにはユーザー入力に基づく通貨コード (通貨記号) が格納されます。 テナントがデータのロード中に通貨を指定しない場合、このフィールドの値はデフォルトで会社通貨に設定されます。
作成日 データタイプは日時です。 記録が作成された日付を表示します
修正日 データタイプは日時です。記録が最後に変更された日付が表示されます。
作成者 記録を作成した人を示します。このフィールドには、のGSIDフィールドへのルックアップがあります
変更者 レコードを最後に変更したユーザーを示します。 このフィールドには、ユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
削除済み 記録が削除されたかどうかを示すフラグ。

インサイト オブジェクト

このオブジェクトは、エンハンスメントリクエストとロードマップ アイテムのアソシエーションを格納します。インサイト オブジェクトは、エンハンスメントリクエスト記録とロードマップ アイテム 記録間の M-M 関係を格納するブリッジ オブジェクトです。

フィールド名 説明
GSID テーブルの一意の識別子。
名前 インサイトの名前
エンハンスメントリクエストId (ERId) ロードマップ アイテムに関連付けられたエンハンスメントリクエストのGSID
ロードマップアイテムID(RIId) エンハンスメントリクエストに関連付けられたロードマップ アイテムのGSID
ER 外部ID 製品ボードの機能に関連付けられたノートの一意のID
RI外部 ID 製品ボードのノートに関連付けられた機能の一意の ID
外部ID 製品ボードのインサイトの一意のID
作成日 データタイプは日時です。記録が作成された日付を表示します
修正日 データタイプは日時です。記録が最後に変更された日付が表示されます。
作成者 記録を作成した人を示します。このフィールドには、のGSIDフィールドへのルックアップがあります
変更者 レコードを最後に変更したユーザーを示します。 このフィールドには、ユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
削除済み 記録が削除されたかどうかを示すフラグ。

ロードマップ アイテム オブジェクト

このオブジェクトは、ロードマップ アイテムを格納します。ロードマップ アイテム オブジェクトは、製品ボードの機能に似ています。

フィールド名 説明
GSID テーブルの一意の識別子。
名前 ロードマップ アイテムの名前
概要 ロードマップ アイテムの説明
ステータス ロードマップ アイテムのステータス - 製品ボードから取得したもの
タイプ ロードマップ アイテムのタイプ - 機能、サブ機能
内部ステータス ロードマップ アイテムの内部ステータス - 完了、該当なし
外部ID 製品ボードで作成された機能の一意のID
外部 URL 製品ボード機能に移動するためのリンク
通貨 ISO コード 多通貨テナントの場合、このフィールドには、データロード時に任意の通貨を指定した場合の通貨コード(通貨記号)が格納され、デフォルトではこのフィールドの値は会社通貨に設定されます。
作成日 データタイプは日時です。 記録が作成された日付を表示します
修正日 データタイプは日時です。記録が最後に変更された日付が表示されます。
作成者 記録を作成した人を示します。このフィールドには、ユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
変更者 レコードを最後に変更したユーザーを示します。 このフィールドには、ユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
削除済み 記録が削除されたかどうかを示すフラグ。

ロードマップ構成オブジェクト

このオブジェクトは、ロードマップ構成を格納します。このオブジェクトは、製品リクエスト構成 (レイアウト、表) を格納する システム オブジェクトです。

フィールド名 説明
GSID テーブルの一意の識別子。
名前 構成の名前 - エンハンスメント リクエスト、保留中のリクエスト、ロードマップ アイテム、配信済みアイテム
タイプ レイアウトタイプ - オブジェクト_レイアウト、表_レイアウト
オブジェクト オブジェクトの名前 - エンハンスメント リクエスト、ロードマップアイテム
構成 構成 json
デフォルト デフォルトの レイアウト 構成 ブーリアン
作成日 データタイプは日時です。 記録が作成された日付を表示します
修正日 データタイプは日時です。記録が最後に変更された日付が表示されます。
作成者 記録を作成した人を示します。このフィールドには、のGSIDフィールドへのルックアップがあります。
変更者 レコードを最後に変更したユーザーを示します。 このフィールドには、ユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
削除済み 記録が削除されたかどうかを示すフラグ。

ロードマップ ステータス オブジェクト

このオブジェクトは、ロードマップ アイテムのステータスを格納します。これは、製品ボード機能のステータスを格納するためのものです。

フィールド名 説明
GSID テーブルの一意の識別子。
名前 ステータスの名前
ステータス 特定のロードマップ ステータスのステータスー 完了、該当なし
外部ID 製品ボードのステータスの一意の ID
ピックリスト アイテムID RMT ロードマップ ステータス ピックリストのピックリスト ID
作成日 データタイプは日時です。記録が作成された日付を表示します
修正日 データタイプは日時です。記録が最後に変更された日付が表示されます。
作成者 記録を作成した人を示します。このフィールドには、ユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
変更者 レコードを最後に変更したユーザーを示します。このフィールドには、ユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
削除済み 記録が削除されたかどうかを示すフラグ。

拡張リクエストステータスオブジェクト 

拡張リクエストステータスを格納するためのオブジェクト

フィールド名 説明
GSID テーブルの一意の識別子。
名前 ステータスの名前
ステータス 特定のロードマップ ステータスのステータスー 完了、該当なし
外部ID 外部システムにおけるステータスのユニークID
作成日 これはデータタイプ日時です。記録が作成された日付を表示します。
変更日 これはデータタイプ日時です。記録が最後に変更された日付が表示されます。
作成者 記録を作成した人を示します。このフィールドには、ユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
変更者 レコードを最後に変更したユーザーを示します。このフィールドには、ユーザーオブジェクトのGSIDフィールドへのルックアップがあります。
削除済み レコードが削除されているかどうかを示すフラグ

GS カレンダー オブジェクト

以下は、カレンダーオブジェクトです:

GSカレンダー参加者

このオブジェクトは、イベントに関連付けられている参加者に関連する情報を格納します。

フィールド名 説明
会社名 会社の名前。
連絡先ID 参加者の連絡先ID。
作成日 イベントの作成日付。
メール 参加者のメールアドレス。
重複の存在 メールが複数のユーザー 記録又は会社にマップされている場合に true を返すブール値フィールド。
GSID Gainsightオブジェクトの各記録に割り当てられた一意の識別コード。
IsExternalAttendee 参加者が 会社および会社の個人レコードの一部でない場合に true を返すブール値フィールド。
修正日 記録の最終更新日。
名前 参加者のメールが会社のいずれかのユーザーと一致する場合、参加者の氏名を格納します。
SFDCアカウントID 参加者に関連付けられた SFDC アカウント ID。
SFDC ユーザー ID 参加者のSFDCユーザーID。

GSカレンダーイベント

このオブジェクトは、イベントに関連する情報を格納します。

フィールド名 説明
作成日 イベントの作成日付。
説明 イベントの詳細情報を提供します。
イベント終了日 イベントの終了日。
イベントID Google又はOutlookのカレンダーイベントの一意な識別子。
イベント開始日 イベントの開始日(ミリ秒単位)。
EventStartLabel イベントの開始日(年-月-日形式)。
GSID Gainsightオブジェクトの各記録に割り当てられた一意の識別コード。
ハッシュコード イベント用に生成されたハッシュコード。
IsAllDay ベントが終日スケジュールに設定されている場合に true を返すブール値フィールド。
IsOrganizer イベントの主催者を特定する場合、trueを返すブール値のフィールド。
リンク GSカレンダーイベントへのリンクを格納します。
場所 イベントの場所
マスターID 一連の定期的なイベントの一意な識別子コード。
修正日 記録の最終更新日。
SchedulerId スケジューラの一意の識別子コードを格納します。
SchedulerStatus スケジュールされたイベントのステータス。
ソース イベントの生成元となるソース。
SourceId ソースに対して生成された一意の識別子コード。
ステータス イベントが有効であるか否かを示します。
件名 イベントの概要
タイムゾーンID イベントのタイムゾーンコード。

GSカレンダー イベント参加者

このオブジェクトは、イベントの参加者に関連する情報を格納します。

フィールド名 説明
作成日 イベントの作成日付。
GSID Gainsightオブジェクトの各記録に割り当てられた一意の識別コード。
IsOptional 参加者がイベントに参加できるかどうかで、 true を返すブール値フィールド。
修正日 記録の最終更新日。
回答ステータス 参加者がイベントを承諾したか、辞退したか、仮に設定したかを示します。
  • この記事は役に立ちましたか?