メインコンテンツまでスキップ
Gainsight Japanese Localization

スコアカード習慣レポート

重要 - 画像/情報は四半期ごとのリリースで更新されます!

四半期ごとのリリースにて、最新の機能・情報を反映し、画像を含めた情報は更新されます。

 

この記事では、スコアカードの習慣レポートの作成方法について説明します。

概要

重要:6.32 2022年4月/5のリリースから、習慣レポートは、[管理] > [アナリティクス] > [スコアカードウィジェット] ページでご利用いただけます。

習慣レポートを使用すると、カスタマーヘルススコアをレビューできるようになります。このレポートは、構成済みの評価スキームを参照しながら、トレンドを表示します。このレポートを作成するには、所属組織でリレーションシップを使用しているかどうかに応じてソースオブジェクトとして、アカウントスコアカード履歴またはリレーションシップスコアカード履歴のいずれかを選択します。

注意:このレポートを作成中に、「スコアカード名」というフィルターを追加し、スコアカードを選択します。

習慣レポートを作成するには:

  1. [管理] > [アナリティクス] に移動します。
  2. [スコアカードウィジェット] をクリックします。
  3. 企業またはリレーションシップのいずれかをソースオブジェクトとして選択します。
  4. [レポートの作成] にカーソルを合わせると、ドロップダウンが表示されます。
  5. [習慣] をクリックします。

image 1.jpg

  1. 測定または測定グループを [グループ化] フィールドにドラッグ&ドロップします。
    注意:習慣レポートを選択すると、デフォルトで下記のフィールドが選択されます。
  • フィルター: 結果はフィルター処理され、いずれか 1 つのスコアカードが表示されます。
  • 必要に応じてフィールドを追加または削除できます。
  • [By] セクションには、スナップショットの日付または個々のメジャー フィールドのいずれかを含める必要があります。
  • 表示: 会社 ID の数。
  • [By]: スナップショットの日付。

image 2.jpg

  1. [フィルターを追加] アイコンをクリックします。
  2. [(適用)] をクリックします。
  3. [レポートを実行] をクリックします。
    image 3.jpg

会計期間フィルター

習慣レポートは、会計期間に基づいてフィルタリングできます。このフィルターは、[スナップショット日付] ドロップダウンで利用可能です。

また、会計期間は、[管理] > [アプリケーションの設定]会計年度ページからカスタマイズできます。カスタム会計期間の作成の詳細につては、「追加リソース」セクションの「アプリケーションの設定」の記事を参照してください。

フィルターでのスコアカードの自動グループ分け

習慣レポートでスコアカードをフィルタリングすると、すべてのスコアカードがスコアリングスキームに従ってグループ化されることを確認できます。  これは、習慣レポート固有の機能です。

制限

現在、Gainsightでは、習慣レポートのヒートマップおよびパックバブルのビジュアル化がサポートされていません。

その他のリソース

  • この記事は役に立ちましたか?