メインコンテンツまでスキップ
Gainsight Japanese Localization

レポートとダッシュボードの制限

重要 - 画像/情報は四半期ごとのリリースで更新されます!

四半期ごとのリリースにて、最新の機能・情報を反映し、画像を含めた情報は更新されます。

 

はじめに 

この記事では、レポートとダッシュボードの制限について説明します。以下は、レポートビルダー、Gainsight ホーム ダッシュボード、およびC360 のレポートプレビューとエクスポートの制限です。

レポートビルダー 

  • グループ別field limit: 10

Excel としてエクスポート 

  • テナント設定レポート読み取り制限100k に基づいて、レポートをエクセルにエクスポートできます。

レポートのタイムアウト 

  • 30 秒(Mongo は最大16MB のドキュメントデータを持つことができます)。

ダッシュボードのエクスポート 

  • PPT max. レコード500、スライド数50
  • Gainsight ダッシュボードあたりのレポートの最大数: 30
  • ダッシュボードの各レポートには、PPT で最大50 のレコードを含めることができます
  • PDF としてダッシュボードをダウンロードすると、Gainsight はこれらのセッションID を保存しないため、Tableau などのサードパーティ製ウィジェットからデータがキャプチャされません

その他の制限 

  • Date フィールドをShow Me  セクションに追加し、Min/Max 関数を適用すると、By セクションのフィールドが表示されます。表形式のレポートのみを表示できますが、他のビジュアルタイプは表示できません。この動作は MDA オブジェクトの場合です。SFDC オブジェクトの場合、Show Me」に追加された日付フィールドに Min/Max 機能が表示されません。
  • 小数点以下の桁数は、5 桁のみでサポートされます。
  • Gainsightオブジェクトでは、同じレポート名で複数のレポートを生成することはできません。レポートを保存しようとしても、レポートリポジトリには保存されません。または、追加テキストのプレフィックスまたはサフィックスを付けてレポートを保存することもできます。
  • Salesforce 経由でGainsight NXTにログインする場合、Salesforceカスタムオブジェクトの名前がGainsightパッケージオブジェクトと同じであると、Salesforceカスタムオブジェクトにレポートを作成できません。
  • 視覚化チャートはレコードを理解するのに役立つが、大規模なデータを扱う場合、特定の視覚化の能力を超えることがある。視覚化チャートの各タイプには、効果的に表示できるレコードの量に制限が生じる。これらの制限は、以下の通りである:
視覚化チャートタイプの 制限
面グラフ 2000
棒グラフ 2000
バブル図

500

2000
表と棒グラフ 2000
パックのバブル図 1000
ドーナツグラフ 500
ファンネル図 100
ヒートマップ図 2000
円グラフ 500
スキャッター図 2000
帯グラフ 2000
帯表 2000

注: 上述のように、グラフの視覚化制限は、グラフに含まれるデータポイントの数によって決まる。