メインコンテンツまでスキップ
Gainsight Japanese Localization

Load to Success Plans 2.0 Action Type (Beta)

この記事では、管理者が単一のルール設定を使用して複数の企業についてのサクセスプランを作成または更新する方法について説明します。

概要

サクセスプランアクションタイプは、単一のルール設定で複数の企業のサクセスプランを作成または更新するのに使用できます。プレイブックにより複数の目的を持つサクセスプランテンプレートを作成した場合には、このテンプレートを使用してサクセスプランを設定できます。

Gainsightでは、この記事を読む前に、ルールの詳細の設定、データ設定、スケジュールのステップについて読んでおくことを推奨しています。詳細については、ルールエンジンのHorizonエクスペリエンスの概要の記事の新規ルールの作成に関するセクションを参照してください。

制限

  • 「サクセスプランの作成」アクションタイプは、ベータ機能のためリレーションシップには使用できません。

「サクセスプランの作成」アクションタイプ

「作成」アクションタイプを設定するには:

  1. ルール構築のアクション設定のステップに移動します。
  2. データセット上にカーソルを移動させます。アクションの追加アイコンが表示されます。
  3. アクションの追加アイコンをクリックします。クライテリアの追加スライドアウトパネルが表示されます。
  4. (オプション)クライテリアの追加をクリックして、データセットに対するフィルタクライテリアを定義します。
  5. [続行]をクリックします。アクションの追加のステップが表示されます。
  6. アクションの作成ドロップダウンリストからサクセスプランを選択します。
  7. サクセスプランの作成オプションを選択します。
  8. (オプション)説明フィールドにルールの説明を入力します。
  9. 企業識別子: 企業を識別するのに必要なオプションを選択します。このドロップダウンで使用できるフィールドは、データセットからのタイプGSICのものとなります。
  10. 次の詳細を提供します。
  • 名前: サクセスプラン用の固有の名前を入力します。データセットからのフィールドにはタイプ「@」を追加することもできます。サクセスプランの名前にはフィールドからの値が使用されます。
  • 識別子に含める:更新する必要があるサクセスプランを探すときに、企業、タイプ、およびステータスとともに名前を追加の識別子として使用したい場合には、このチェックボックスを選択します。
  • タイプ: 適切なサクセスプランのタイプを選択します。ドロップダウンには、それぞれのサクセスプラン設定について、グローバルおよび企業、またはグローバルおよびリレーションシップのタイプのサクセスプラン設定で設定されたタイプが入力されています。
  • テンプレート名:適切なテンプレート名を選択します。このドロップダウンリストには、サクセスプラン設定で設定され選択したプランタイプに関連する値が入力されています。作成中のサクセスプランに複数のテンプレートを加えることができます。
  • ステータス: ルールによって作成されたときのサクセスプランの初期ステータスを選択します。たとえば最初は、サクセスプランを下書きとして作成したい場合があります。
  • 所有者フィールド:(オプション)ドロップダウンメニューから適切なフィールドを選択します。
  • デフォルトの所有者:所有者ドロップダウンメニューでフィールドが選択されていない場合、または選択したフィールドに値がない場合のデフォルトの所有者を指定します。
  • 期限日: プランの期限日について適切な値を指定します(ルールがサクセスプランを作成してからN日後)。

    : 期限日フィールドの下のドロップダウンメニューは、週末の処理についてのものです。以下のオプションが使用できます。
    • 週末をスキップしない
    • すべての週末をスキップ
    • 期限日が週末の場合はスキップ
  • 追加フィールド:サクセスプランタイプに対応するフィールドは、以下の方法のいずれかを使用して更新できます。
    • カスタム値: 更新する値を入力します。
    • フィールドへのマッピング: データ・タイプが一致するフィールドのリストが表示されます。ドロップダウンメニューからフィールドを選択します。選択したフィールドに格納されている値が、マッピング先のフィールドで更新されます。
  1. アクションの保存をクリックして、設定を保存します。

サクセスプランアクションタイプの更新

サクセスプランアクションタイプの更新により、管理者はサクセスプランのフィールド値をに更新することができます。

ビジネスユースケースの例:管理者は選択したタイプに属するすべてのサクセスプランの所有権を1人のユーザーに割り当て直すルールを作成できます。ルールがトリガーされると、選択したタイプに属するすべてのサクセスプランが新しい所有者に自動的に割り当てられます。

データシートが準備できたら、管理者は以下のアクションのいずれかを実行するルールを設定できます。

サクセスプランGSIDが一致するすべてのサクセスプランを更新する

このアクションタイプでは、データセットでサクセスプランGSIDが同一のすべてのサクセスプランを更新することができます。サクセスプランタイプフィールドが空欄のままになっているときに適用されます。

サクセスプランの更新ルールを作成するには:

  1. ルール構築のアクション設定のステップに移動します。
  2. データセット上にカーソルを移動させます。アクションの追加アイコンが表示されます。
  3. アクションの追加アイコンをクリックします。クライテリアの追加スライドアウトパネルが表示されます。
  4. (オプション)クライテリアの追加をクリックして、データセットに対するフィルタクライテリアを定義します。
  5. [続行]をクリックします。アクションの追加のステップが表示されます。
  6. アクションの作成ドロップダウンリストからサクセスプランを選択します。
  7. サクセスプランの更新オプションを選択します。
  8. (オプション)ルールの説明を入力します。
  9. サクセスプランGSIDを選択します。データセット内でサクセスプランGSIDが同一のすべてのサクセスプランが更新されます。
  10. この後、以下のフィールドを更新できます。
  • 所有者:このフィールドにユーザーを入力して選択します。選択されたユーザーには、データセットでサクセスプランGSIDが同一のすべてのサクセスプランの所有権が割り当てられます。
  • ステータス: このドロップダウンメニューからステータスを選択します。データセットでサクセスプランGSIDが同一のすべてのサクセスプランについて、選択したステータスが更新されます。
    重要: ステータスを更新して下書き状態をクロースすることはできません。
  1. 保存をクリックして設定を保存します

タイプに基づいてサクセスプランを更新する

このアクションタイプでは、データセット内でサクセスプランGSIDが同一で、選択したサクセスプランタイプに一致するサクセスプランの詳細を更新することができます。サクセスプランタイプは、以下に説明するようにサクセスプランタイプドロップダウンメニューから選択できます。

  1. アクションドロップダウンメニューからサクセスプラン選択します。
  2. サクセスプランの更新を選択します。
  3. (オプション)ルールの説明を入力します。
  4. サクセスプランGSIDを選択します。
  5. サクセスプランタイプを選択します。選択したサクセスプランタイプについて設定されたフィールドが表示され、更新することができます。
  6. この後、以下のフィールドを更新できます。
  • 所有者:このフィールドにユーザーを入力して選択します。選択したユーザーに所有権が割り当てられます。
  • ステータス: このドロップダウンメニューからステータスオプションを選択します。データセットでサクセスプランGSIDが同一のすべてのサクセスプランについて、選択したステータスが更新されます。
  • テンプレートの追加: サクセスプランに追加するテンプレートを選択します。新しいテンプレートが既存のテンプレートのリストに追加されます。すでに適用されているテンプレートが再度適用されることはありません。
    重要: オブジェクティブCTAのないテンプレートは適用されません。
  • 追加フィールド:サクセスプランタイプに対応するフィールドは、以下の方法のいずれかを使用して更新できます。
    • カスタム値: 更新する値を入力します。
    • フィールドへのマッピング: データ・タイプが一致するフィールドのリストが表示されます。ドロップダウンメニューからフィールドを選択します。選択したフィールドに格納されている値が、マッピング先のフィールドで更新されます。
  • この記事は役に立ちましたか?