メインコンテンツまでスキップ
Gainsight Japanese Localization

キードライバーの設定

重要 - 画像/情報は四半期ごとのリリースで更新されます!

四半期ごとのリリースにて、最新の機能・情報を反映し、画像を含めた情報は更新されます。

 

この記事では、管理者が インパクト アナライザ をユーザーに導き出す結果とドライバーを設定する方法について説明します。

[概要]

インパクト アナライザは、NPS® CSATなど、選択したアウトカムに関する強みと機会を提供することで、カスタマーエクスペリエンスに関する洞察を導き出す主要な要因を理解するのに役立ちます。

これらのインサイトをユーザーに提供するには、[管理] > [カスタマーエクスペリエンス] > [キードライバー分析] に移動して、結果とドライバーを設定します

image-1.jpg

キードライバーの設定

KDA を設定するには:

  1. 結果を選択」セクションで、分析を実行するNPS® またはCSATの結果を選択します。
  2. 「ドライバーの選択」セクションで、分析に含めるドライバータイプのカテゴリのトグルをオンにします。使用可能なカテゴリは次のとおりです。
  • アンケートの質問: このカテゴリをオンにすると、アンケートの質問が分析に含まれます。
  • 会社の属性: 分析に含めるフィールドを選択します。
    メモ:
    • 通貨と数値データタイプのフィールドのみがサポートされています。
    • 使用可能なフィールドから選択したフィールドの数がトグルの横に表示されます。
  • スコアカードの測定: 測定値を分析に含めるには、このカテゴリをオンにしてください。スコアメーサルの詳細については、この記事の「その他のリソース」セクションにある「メジャーとメジャーグループの作成」を参照してください。

メモ: 少なくとも 1 つのアウトカムと 1 つのドライバーを選択する必要があります。

  1. 「グラフ」フィールドに表示する変数の最大数で、グラフに表示する変数の数を 50、100、150、または 200 の中から選択します。
  2. 保存」をクリックします。

メモ: Gainsightがデフォルトで出荷しているデフォルト設定は次のとおりです。

  • 有効化されたアウトカム = NPS®、CSAT
  • ドライバ:
    • アンケート = オン
    • スコアカード = オン
  • 会社属性 = オン (デフォルトでは次の 3 つのみがオンになっています)
    • ARR (テキストアナリティクス の ARR ウィジェットで設定されているとおり)
    • 従業員
    • 顧客有効期間 (月単位)

その他のリソース

NPS、ネット・プロモーター、ネット・プロモーター・スコアは、Satmetrix Systems, Inc.、ベイン・アンド・カンパニー、フレッド・ライヒヘルドの登録商標です。

  • この記事は役に立ちましたか?