メインコンテンツまでスキップ
Gainsight Japanese Localization

レポートの数式フィールド

重要 - 画像/情報は四半期ごとのリリースで更新されます!

四半期ごとのリリースにて、最新の機能・情報を反映し、画像を含めた情報は更新されます。

 

この記事では、管理者にレポートで数式項目を作成する方法について説明します

概要

Reportingの数式フィールド機能により、管理者はビジネス要件に基づいてGainsightオブジェクトに数式フィールドを即座に作成できます。レポートで作成された数式フィールドは、ダッシュボードなどGainsightの他の機能で使用できます。

サポートされるデータタイプ

数式フィールドでサポートされるデータ型は次のとおりです。

  • 文字列
  • 日付
  •  番号
  • パーセンテージ

数式フィールドの作成

フォーミュラフィールドを作成するには:

  1. [管理] > [レポートビルダー].に移動します。
  2. 既存のレポートをクリックするか、[レポートを生成] をクリックして新しいレポートを生成します。
  3. レポートを作成する対象のオブジェクトを選択します
  4. 数式フィールドを追加」をクリックします。「フォーミュラフィールドの追加 ページが表示されます。
    注記: 数式フィールドは、SFDC オブジェクトで作成されたレポートでは使用できません。
  5. 次の詳細を入力します。
    1. ラベル: フォーミュラフィールドの名前を入力します。
    2. データタイプ: データタイプドロップダウンリストから、必要なデータタイプ (文字列、日付、数値) を選択します。

      注記:
      • 必要な出力フィールドに基づいてデータタイプを選択します。たとえば、出力を日数/週数/月数として表示したい場合は、出力データタイプを数値として選択します。
      • 関数フィールドは、選択したデータタイプによって異なる場合があります。
    3. 必要な関数を選択し、要件に応じて値やフィールドを入力します。
  6. 保存」をクリックします。

作成されたフォーミュラフィールドは、左側のペインの [フィールド] セクションに表示されます。

image_1.jpg

新しく作成したフォーミュラフィールドを [Show Me] または [グループ別] セクションにドラッグアンドドロップして、レポートを作成します。

重要

  • 数式フィールドでは、関数を別の関数に適用できます。
  • 数値型と文字列型の数式フィールドを作成するときに、任意の静的値を入力します。
  • 関数にカーソルを合わせると、特定の機能の説明が表示されます。
  • 数式フィールドを作成するときに [検索フィールド] を選択します。

制限事項:

  • 次のオブジェクトには数式フィールドを作成できません。メールログEmail Raw イベント、配信停止メール
  • レポートには、最大 10 個の [フォーミュラ] フィールドを追加できます。
  •  数式フィールドは、別の数式フィールド内では使用できません。
  • 集約フィールドはサポートされていません。
  • [パス] [集計元] は [数式フィールド] に表示されません。
  • エイリアスの設定は数式フィールドではサポートされていません
  • 数式フィールドは、SFDC オブジェクトで作成されたレポートでは使用できません。

文字列式の使用事例

次の例は、Concat 関数を使用して文字列式を作成する方法を示しています。

「会社名」と「CSM 名」フィールドはすべての会社で使用できます。たとえば、会社名とCSM名を別々に表示するのではなく、会社名とCSM名の両方を含む単一のフィールドを表示したい場合があります。これを実現するには、String 関数を使用してこれらのフィールドを連結し、Name と CSM という名前の 1 つのフィールドに結合します。

文字列式を作成するには:

  1. 数式フィールドを追加」をクリックします。「フォーミュラフィールドの追加」ページが表示されます。
  2. 次の詳細を入力します。
    1. ラベル: フォーミュラフィールドの名前を入力します。この場合は「名前」と「CSM」です。
    2. データタイプ: [データタイプ] ドロップダウンリストから、[文字列] を選択します。
       
  3. 連結関数には、次の詳細を入力します。
     
    1. 区切り文字: 任意の値 (カンマ、ハイフン、なし、スペース) を選択します。
    2. 文字列 1: ドロップダウンリストから「会社名」フィールドを選択します。
    3. 文字列 2: ドロップダウンリストから「CSM Name」フィールドを選択します。
       
  4. 保存」をクリックします。

作成されたフォーミュラフィールドは、左側のペインの [フィールド] セクションに表示されます。

文字列フォーミュラ

文字列データには、以下の関数を適用できます。レポートビルダーでサポートされている文字列式の一覧とその説明を以下に示します。

  • 連結 (区切り文字、文字列 1、文字列 2): 選択した引数を連結します。たとえば、Concat (スペース、ケン、ピーターソン) は「ケン・ピーターソン」を返します。
  • 曜日 (日付または日時): 日付または日時を日に変換します。たとえば、「Day Of (2019 3 27 )」の場合、出力として「水曜日」が返されます。
  • 左の文字列 (文字列、文字数): 文字列の左側の部分を、文字列文字のように見える状態で抽出します。たとえば、左の文字列 (Gainsight, 6) は出力として「Gainsi」を返します。
  • 月名 (日付または日時、形式): 日付または日時をユーザーが選択した形式で月に変換します。たとえば、月名 (2019 3 27 日、月) は出力として「MAR」を返します。
  • 右側の文字列 (文字列、文字数): 文字列の右側の部分を文字列文字のように抽出します。たとえば、右の文字列 (Gainsight, 6) は出力として「nsight」を返します。
  • サブストリング (文字列、開始位置、文字数): 位置と文字数に基づいてサブストリングを検索します。たとえば、SubString (エンジニアリング、24) は 2 から 4 までの値を返します。つまり、「ngin が出力として返されます。
  • 小文字 (文字列) : 選択した引数の値を小文字に変換します。たとえば、「小文字に」(Gainsight) と入力すると、出力として「gainsight」が返されます。
  • 大文字 (文字列) : 選択した引数の値を大文字に変換します。たとえば、「大文字に」(Gainsight) と入力すると、出力として「GAINSIGHT」が返されます。

日付計算式の使用事例

次の例は、DateSub 関数を使用して日付数式を作成する方法を示しています。

たとえば、CSM 管理者は、更新日の 1 か月前に顧客から受け取った CSM サービスに関するフィードバックを知りたい場合があります。これを実現するには、Date Sub機能を使用できます

この日付計算式を作成するには:

  1. 数式フィールドを追加」をクリックします。「フォーミュラフィールドの追加」ページが表示されます。
  2. 次の詳細を入力します。
    1. ラベル: フォーミュラフィールドの名前を入力します。この場合は CSM フィードバック日
    2. データタイプ: [データタイプ] ドロップダウンリストから [日付] を選択します。
       
  3. 日付サブ機能には、次の詳細を入力します。
     
    1. 日付または日時: ドロップダウンリストから「更新日」フィールドを選択します。
    2. 価値: 値を入力します。ここでは「1」です。
    3. 間隔: ドロップダウンリストから間隔として月を選択します
       
  4. 保存」をクリックします。

作成されたフォーミュラフィールドは、左側のペインの [フィールド] セクションに表示されます。

日付計算式

日付データには以下の機能があります。レポートビルダーでサポートされている日付式の詳細なリストとその説明を以下に示します。

  • 日付追加 (日付または日時、値、間隔): 指定された間隔で日付に値を追加します。たとえば、日付を追加 (2019 3 27 日、1 ) すると、出力として「2019 年 4 月 27 日」が返されます。
  • 日付サブ (日付または日時、値、間隔): 指定された間隔で日付から値を減算します。たとえば、日付サブ日付 (2019 3 27 日、1 ) は出力として「2019 年 2 月 27 日」を返します。
  • 月の最初の日 (日付または日時): 月の最初の日を返します。たとえば、各月の最初の日 (2019 3 27 ) は、出力として「2019 年 3 月 1 日」を返します。
  • 四半期の最初の日 (日付または日時): 四半期の最初の日を返します。たとえば、四半期の初日 (2019 3 27 ) は、出力として「1/1/2019」を返します。
  • 週の最初の曜日 (日付または日時): 週の最初の日を返します。たとえば、週の最初の日 (2019 3 27 ) は、出力として「2019 年 3 月 25 日」を返します。
  • 年の最初の日 (日付または日時): 年の最初の日を返します。たとえば、年の最初の日 (2019 3 27 ) は、出力として「1/1/2019」を返します。
  • 月の最終日 (日付または日時): 月の最終日を返します。たとえば、各月の最終日 (2019 3 27 ) は、出力として「2019 年 3 月 31 日」を返します。
  • 四半期の最終日 (日付または日時): 四半期の最終日を返します。たとえば、四半期の最終日 (2019 3 27 ) は、出力として「2019 年 3 月 31 日」を返します。
  • 週の最終日 (日付または日時): 週の最後の日を返します。たとえば、週の最後の日 (2020 4 1 ) は、出力として「4/5/2020」を返します。
  • 年の最終日 (日付または日時): その年の最後の日を返します。たとえば、その年の最後の日 (2020 4 1 ) は、出力として「2020 年 12 月 31 日」を返します。
  • 今日 (日付または日時): レポートが実行されている日付を返します。通常、これは今日の日付を反映しています。

数値計算式の使用事例

次の例は、Date Diff 関数を使用して数値方程式を作成する方法を示しています。

たとえば、CSM が企業向けサブスクリプションの更新までの残り日数を知りたい場合は、数式フィールドの Date Diff 機能を使用して確認できるようになりました。

日付差分機能は、「更新日」と「当初の契約日」の日数差を計算し、残りの日数を表示します。

この数値計算式を作成するには:

  1. 数式フィールドを追加」をクリックします。「フォーミュラフィールドの追加」ページが表示されます。
  2. 次の詳細を入力します。
    1. ラベル: フォーミュラフィールドの名前を入力します。この場合は更新日数
    2. データタイプ: [データタイプ] ドロップダウンリストから [数値] を選択します。
       
  3. 日付差分機能には、次の詳細を入力します。
     
    1. 開始日: ドロップダウンリストから「当初の契約日」フィールドを選択します。
    2. 終了日: ドロップダウンリストから「更新日」フィールドを選択します。
    3. 間隔: ドロップダウンリストから日付を間隔として選択します
       
  4. 保存」をクリックします。

作成されたフォーミュラフィールドは、左側のペインの [フィールド] セクションに表示されます。

ユーザーはこの数式フィールドをビジネス要件に基づくフィルターとして適用することもできます。たとえば、2 日以上以内にすべての更新内容を確認したい場合などです。フィルターとして作成した数式フィールドを適用し、2 日以上の値を入力できます。

数値計算式

数値データには次の機能を適用できます。レポートビルダーでサポートされている数値計算式の一覧とその説明を以下に示します。

  • 日付の違い (開始日.終了日、間隔): 指定した間隔で選択した 2 つの日付の差を返します。たとえば、日付の差分 (2019 3 27 日、2020 4 1 ) は出力として「13」を返します。
  • 長さ (文字列): 特定の文字列の文字数を返します。たとえば、長さ (エンジニアリング) は出力として「11」を返します。
  • 月番号 (日付または日時): 特定の月の番号を返します。たとえば、月番号 (2019 3 27 ) を入力すると、出力として「3」が返されます。
  • 文字列の位置 (サブストリング、文字列): 指定された文字列でサブストリングが最初に出現する位置を返します。たとえば、POSITION (「johndoe」では「doe」) は 5 を返します。ポジションのカウントはインデックス1から始まります。
  • 月の週 (日付または日時): その月の特定の日付の週番号を返します。たとえば、今月の週 (2019 3 27 ) では、出力として「4」が返されます。
  • 週番号 (日付または日時): 現在の年の指定された日付の週番号を返します。たとえば、週番号 (2019 3 27 ) では、出力として「13」が返されます。
  • 年番号 (日付または日時): 指定した日付の年を返します。たとえば、年番号 (2019 3 27 ) を入力すると、出力として「2019」が返されます。
  • 合計(フィールド): 選択したフィールド/列の合計を返します。 たとえば、合計(会社[ARR)] は、ARR の合計である ARR 列の合計を返します。
  • 平均(フィールド): 選択したフィールド/列の平均を返します。 たとえば、平均(会社[ARR]) は、選択した会社の ARR の平均を返します。
  • カウント(フィールド): 選択したフィールド/列の数を返します。

パーセンテージ式のユース ケース

パーセンテージ データ型を使用すると、出力をパーセンテージ形式で表示できます。 数式フィールドを作成する際に、[データ タイプ] ドロップダウンからパーセンテージ オプションを選択する必要があります。 たとえば、会社の収益に対する CSM の貢献度をパーセンテージで導き出すとします。 次のように、必要な出力を計算する式を作成できます:

  1. [数式フィールドを追加] をクリックします。 [式フィールドの追加] ページが表示されます。
  2. 次の詳細を入力します:
    • ラベル: 式フィールドの名前を入力します。 この場合、更新日。
    • データ型: [データ型] ドロップダウン リストから、[パーセンテージ] を選択します。
  3. 式のテキストボックスで、次の関数を選択します: 合計(収益) / カウント(CSM)
  4. [保存] をクリックします。
  5. 作成された数式フィールドは、左側のペインの [フィールド] セクションに表示されます。

数式フィールドの NULL 値

数式フィールドでの Null 値の処理方法の例を以下に示します。

フィールド 1 の値

フィールド 2 の値

オペレーター

結果

1

NULL

+

1

1

NULL

-

1

1

NULL

*

0

1

NULL

/

0

NULL

1

+

1

NULL

1

-

-1

NULL

1

*

0

NULL

1

/

0

  • この記事は役に立ちましたか?