メインコンテンツまでスキップ
Gainsight Japanese Localization

レポートリストの表示と設定

重要 - 画像/情報は四半期ごとのリリースで更新されます!

四半期ごとのリリースにて、最新の機能・情報を反映し、画像を含めた情報は更新されます。

 

この記事では、管理者にレポートリストページと設定ページにあるオプションの使用方法を説明します。

はじめに

レポートビルダー機能は、[レポートリスト] [設定] の 2 つのページに分類されます。レポートリストビューページには、既存のレポート、フォルダ、リスト表示オプションがすべて含まれ、新しいレポートを作成できます。設定には、レポートデータのダウンロード、チャートエディターの設定、カラーパレット設定、カスタムカラーを有効/無効にするオプションがあります。

レポートビルダーにアクセスするには、[管理] > [レポートビルダー] に移動します

レポートリストオプション

レポートリストページのオプションは次の 3 つのセクションに分類されます。

  1. レポートリストビューとオプション
  2. フォルダー
  3. ページネーション

Image 1.jpg

リストビューとオプション

レポートリストページには、すべてのフォルダーにある既存のレポートがすべて表示されます。「レポート」で利用できるオプションは次のとおりです。

  1. 名前: 名前フィールドには、レポートの名前とビジュアライゼーションタイプが表示されます。レポートを表示または編集するには、目的のレポート名をクリックします
  2. 設定: フィルターアイコンの横の「+」アイコンをクリックして、レポートリストビューをカスタマイズします。検索、1 つまたは複数のフィールドを選択し、[適用] をクリックしてレポートリストビューに追加できます。

Image 2.jpg

[設定] オプションには次のフィールドがあります。必要なフィールドを選択してレポートリストビューに追加します。

  • 名前: レポートの表示名。このフィールドはデフォルトで選択されており、オフにすることはできません。
  • 詳細: 作成時にユーザーが入力したレポートの詳細が表示されます。
  • フォルダ名: レポートのフォルダ名が表示されます。
  • コンストラクター:レポートを作成したユーザーの名前が表示されます。
  • 作成日:レポートの作成日が表示されます。
  • モディファイア:レポートを最後に変更したユーザーの名前が表示されます。
  • 変更日:レポートの最終更新日が表示されます。
  • こで使用するか:特定のレポートが使用されたダッシュボードの名前が表示されます。特定のレポートにカーソルを合わせると、ダッシュボードの名前とリストが表示されます。
  • ソースオブジェクト:レポートのソースオブジェクトの名前が表示されます。
  • 削除済み:レポートの削除ステータス (True または False) が表示されます。レポートを削除すると、ゴミ箱フォルダに True と表示されます。
  1. 検索:レポート名を入力すると、検索結果が表示されます。
  2. フィルター:[ソースオブジェクト]、[作成者] 、および [修正者] の条件に基づいてレポートに適用できます

ソースオブジェクトにフィルターを適用するには:

  1. フィルターアイコンをクリックします。
  2. フィールド」 ドロップダウンリストから、「ソースオブジェクト」を選択します。
  3. オペレータ」ドロップダウンリストから、「」または「入れない」を選択します。
  4. アイテム選択ドロップダウンリストから必要なソースオブジェクトを選択または検索します。
  5.  適用をクリックします。

[作成者] または [修正者] にフィルタを適用するには:

  1. フィルターアイコンをクリックします。
  2. [フィールド] ドロップダウンリストから、要件に応じて [作成者] または [修正者] を選択します。
  3. 演算子」ドロップダウンリストから、「等しい」または「等しくない」を選択します。
  4. 「ユーザーを選択」 ドロップダウンリストから、「現在のユーザー」、「すべてのユーザー」、または「その他のユーザー」を選択します。「他のユーザー」を選択した場合は、「検索」ボックスにユーザー名を入力します。 
  5.  適用をクリックします。

注記:

  • 」テキストボックスの横にある「+」アイコンをクリックして、さらにフィルターを追加します。
  • フィルタを削除するには、xアイコンをクリックします。
  • クリア」ボタンをクリックしてすべてのフィルターを削除します。
  1. コンテキストメニュー:コンテキストメニューをクリックすると、次のアクションが表示されます。
    1. レポートを編集:選択したレポートを編集できます
    2. レポートの名前を変更:選択したレポートの名前を変更できます。
    3. レポートを削除:選択したレポートを削除 、レポートをごみ箱フォルダーに移動させます。
  2. チェックボックス: 移動または削除するレポートを 1 つ以上選択するチェックボックスを選択します。

注記:

  • 必要に応じて列を並べ替えたり、並べ替えたりできます。 
  • レポートがダッシュボードで使用されている場合、そのレポートは削除できません。

フォルダー

フォルダは、組織で作成されたレポートを管理および整理します。初期設定では、全てのフォルダーと未分類フォルダーを参照することが出来ます。フォルダーとサブフォルダーは「全て」の分類下で作成することが出来、フォルダーとサブフォルダーを編集削除することも出来ます。レポートが分類されていないか、特定のフォルダーに移動されていない場合、レポートは未分類のままになります。

すべて: すべてのフォルダーとサブフォルダーで使用可能なレポートのリストを表示します。

未分類: 別のフォルダーに分類されていないレポートはすべてここに表示されます。

フォルダーを作成する

フォルダを作成するには:

  1. 新規フォルダー追加アイコンをクリックします。[フォルダの追加] ウィンドウが表示されます。
  2. フォルダ名」テキストボックスに、必要に応じてフォルダ名を入力します
  3. 表示されたフォルダーリストから親フォルダーを選択します。たとえば、[ホーム] を選択してフォルダーを作成したり、既存のフォルダーを選択してサブフォルダーを作成したりできます。
  4. 保存」をクリックします。

フォルダーの編集/削除

フォルダを編集または削除するには:

  1. 編集/削除するフォルダ名をクリックします
  2. 鉛筆アイコンをクリックしてフォルダー名を編集し をクリックします。
  3. フォルダを削除するには、「削除/ごみ箱」アイコンをクリックします。

注記:

  • 未分類」カテゴリにはフォルダを作成できません。
  • [ホーム] の下に作成できるサブフォルダは 2 レベル (Base + 1) だけです。
  •   フォルダー (サブフォルダーのない) を別のフォルダーにドラッグアンドドロップします。
  • フォルダーセクションを展開または折りたたむと、サブレベルのすべてのフォルダーが表示されます。
  • 検索ボックスにフォルダ名を入力すると、検索結果が表示されます。
  • レポートを含むフォルダは削除できません。

ごみ箱

リストページからレポートを削除した場合でも、そのレポートはゴミ箱フォルダにあります。削除されたレポートはごみ箱フォルダーに最大90日間保存されます。ゴミ箱フォルダーからレポートを復元または完全に削除できます。

Image 3.jpg

ページネーション

レポートが多数ある場合は、画面の右下隅にあるページ区切りツールを使用して、さまざまなページ間を移動したり、選択内容に応じて複数のレポートを 1 ページに 20、40、または 60 個ずつ 1 ページに表示したりできます。

Image 4.jpg

設定オプション

設定ページのオプションは次の 4 つのタブに分類されます。

  • 一般設定
  • チャートエディターの設定
  • カラーパレット設定
  • カスタムカラー

一般設定

「一般設定」タブでは、レポートデータのダウンロードとレポートウィジェットの遅延読み込みを有効/無効にできます。ここでは、次の設定を構成できます。

  • レポートデータのダウンロードを無効にする:このトグルを有効にすると、レポートデータのダウンロードがどこからでも制限されます。たとえば、CSM にレポートをダウンロードさせたくない場合は、このオプションをオンにしてください。
  • 外部リンク共有からのレポートデータのダウンロードを無効にする:このトグルを有効にすると、外部共有リンクからのレポートデータのダウンロードが制限されます。
  • ドリルダウンレポートのカスタマイズを許可:ユーザーがドリルダウンレポートをカスタマイズできるようにするには、このオプションを有効にしてください。
  • データキャッシュを有効にする:このトグルをオンにすると、レポートデータキャッシュのパフォーマンスが向上します。つまり、ユーザーが同じレポートを1日に複数回実行して再度開くと、レポートの取得時間を節約できます。

Image 5.jpg

チャートエディターの設定

グラフエディターの設定により、管理者はすべてのレポートのデフォルト設定を設定できます。これらの設定は、一度設定すると、すべての新しいレポートに適用されます。チャートエディターの設定方法の詳細については、この記事の最後にある「その他のリソース」セクションにあるチャート設定とチャートエディターのドキュメントを参照してください。

Image 6.jpg

カラーパレット設定

Gainsight Defaultsのカラーパレットは、可能な限り最適な色を選択できます。選択すると、レポートで使用される色の順序が割り当てられます(または)カスタムテーマ 使用して、ブランドに合わせて色をカスタマイズできます。  カラーパレットの設定方法の詳細については、この記事の最後にある「その他のリソース」セクションにある「レポートの色設定」を参照してください。

Image 7.jpg

カスタムカラー

カスタム色により、管理者は特定のフィールド値の色を変更できます。カスタムカラーを使用すると、ソースオブジェクトの下にある特定のフィールドオブジェクトの色を設定できます。

Gainsight Defaultsで定義されているカラーパレットはデータを認識しません。データには常に意味があり、そのデータを色で表現したい場合があります。たとえば、リスクCTAは赤で表示し、ライフサイクルCTAは青で表示したいとします。このカスタムカラーオプションを使用して一度意味を追加すると、同じフィールドと値を使用するすべてのレポートに反映されます。カスタムカラーの設定方法の詳細については、この記事の最後にある「その他のリソース」セクションにある「レポートの色設定」を参照してください。

Image 8.jpg

レポートの作成または編集

レポートを作成」をクリックして新しいレポートを作成します。既存のレポートを編集するには、レポートリストで目的のレポート名をクリックします。これにより、編集画面が表示されます。レポートを作成および編集する方法の詳細については、この記事の最後にある「その他のリソース」セクションにある「基本レポートの作成方法」を参照してください。